織田信長

織田信長(おだのぶなが)

「織田信長」は歴史上の人物の中で最も人気があり有名な人物と言っても良いのではないでしょうか。現在ではあらゆる戦国のゲームやアニメなどがあり「織田信長」は必ずと言っても良いほど登場をしています。ゲーム好きの方の中には「織田信長」が大好きという人も多い事でしょう。今回はそんな時代を超えて人気がある「織田信長」について解説していきます。「織田信長」のことをあまり知らない方も一緒に知識を深めていきましょう。

[adstext]
[ads]

織田信長の生い立ち

「織田信長」は、天文3年5月、尾張の戦国大名であった織田信秀の嫡男として誕生します。幼名は吉法師です。天文15年、吉法師は古渡城で元服し名を三郎信長に改名します。また、翌年の天文16年には今川家との争いで初陣します。天文17年、織田信秀と対立していた斎藤道三と和睦すると、斎藤道三の娘・濃姫を正室に迎えます。天文21年3月、父・織田信秀の死によって織田家の当主となります。

織田信長の人物像

「織田信長」は一見誰にでも厳しいイメージがあると思われがちですが、「織田信長」は強者に厳しく弱者に優し、敵対する者に容赦しない人柄だったと言われています。また新しい物に興味関心があり、新しい物を積極的に取り入れたことでも有名です。

織田信長の偉業

偉業1.2,000人の兵で25,000人の兵を破りました。
偉業2.日本統一の礎を築きました。
偉業3.武器を改良又は銃をいち早く取り入れて戦の方法を変えました。
偉業4.足利幕府を倒しました
偉業5.生臭坊主から武器と権力を取り上げました

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

織田信長の作品や名言

⑴理想を持ち、信念に生きよ。理想や信念を見失った者は、戦う前から負けているといえよう。そのような者は廃人と同じだ。
⑵生まれながらに才能のある者は、それを頼んで鍛錬を怠る、自惚れる。しかし、生まれつきの才能がない者は、何とか技術を身につけようと日々努力する。心構えがまるで違う。これが大事だ。
⑶必死に生きてこそ、その生涯は光を放つ。
⑷攻撃を一点に集約せよ、無駄な事はするな。
⑸器用というのは他人の思惑の逆をする者だ。

織田信長まとめ

「織田信長」についてお分かり頂けましたでしょうか。「織田信長」のファンの方も意外な一面や知らなかった事を知れたとことでしょう。「織田信長」は戦国時代に日本統一の礎を築きあげたことから、とても厳しい人だと想像する人も多いでしょう。ですが実際は厳しく勝利に拘る反面弱者にはとても優しくとても一人の人間として素晴らしかった事が言えます。「織田信長」のような戦国武将は他にも数多く存在し、有名な武将も多くいるのでこの機会に調べてみてはいかがでしょうか。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事