報徳仕法の考え

報徳仕法(ほうとくしほう)

「報徳仕法」(ほうとくしほう)は、考案した二宮尊徳(にのみやたかのり、又は”そんとく”、別名は二宮金次郎)に感銘を受けている人なら別ですが、大半の人にとっては初めて聞く言葉ではないでしょうか? 同じく二宮尊徳による経済思想の「報徳思想」が最近注目されている流れで、「報徳仕法」も再び脚光を浴びつつあるので、詳しい解説をさせて頂きます。

報徳仕法の意味とは

「報徳仕法」は、江戸時代後期の経世家・農政家・思想家である二宮尊徳が発案・主導した財政再建策とされ、その意味は以下の通りです。
 ㈰節約と貯蓄を基本とした農民に対する生活指導。
 ㈪農民の暮らしを豊かにする為、農業経営を説き、安全な生活をさせる。
 ㈫総じて農民だけでなく生活困窮者に対する、新しい生活様式を提案した。
当時の貧しい人は農民なので、彼らの立場をより良くするのが最善の経済政策であり、財政再建になると二宮尊徳は説いたのです。それに感銘を受けた人や影響を受けた自治体などは現在も多く、ゆかりの地とされる神奈川県秦野市では街づくりの一環に「報徳仕法」を取り入れている程です。

報徳仕法の由来

経済と道徳心を融和させた「報徳思想」に対し、「報徳仕法」は二宮尊徳が実際に幼少期に経験した貧しく苦しい時代が大きく関係しています。実家が農家であった二宮尊徳は、幼い頃に両親を亡くしたが、持ち前の努力で熱心に勉強を続け、同時に農業にも力を入れて、成人すると見事に荒地を田畑に変え、二宮家を復興させる事に成功しました。この経験から得た、農業による再建方法が「報徳仕法」として、現代にも通じるものがあるとして関心を集めています。

報徳仕法の文章・例文

例文1.報徳仕法は、二宮金次郎だからこそ思い浮かんだ経済再建案だ。
例文2.報徳仕法が今でも経済の起爆剤として、一定層から支持される。
例文3.二宮尊徳による報徳仕法が、農民の気持ちや考え方までを変えてしまった。
例文4.報徳仕法に関係する言葉として、報徳記や報徳教などが今でも残っている。
例文5.報徳仕法が全国に広まり、農業困窮者を救ったのなら、これほど気持ち良い事はない。

「報徳仕法」の説明文ばかりとなっていますが、日常的な会話などで使われるのは稀なので、ご理解下さい。

報徳仕法の会話例

  • 質問者アイコン

    報徳仕法って、具体的にはどんな方法なの?

  • 回答者アイコン

    貧しい農民に、節約や貯蓄をするように説くことだよね。

  • 質問者アイコン

    そこは理解できるけど、他にはないの? どうも漠然として、具体的な方法が分からないのに、凄さだけが伝わっている気がして、腑に落ちないです。

  • 回答者アイコン

    そうそう思い出した。二宮尊徳が画期的だったのは、荒地を農地に変えた事なの。当時は税金とされる年貢が高かったけど、荒地は田畑にならないから免除されていたの。そこに目をつけ、荒地を豊かな稲で実らせ、一躍有名になったはず…確かね。

「報徳仕法」についての詳しい解説を求める人へ、丁寧に対応する会話内容です。

報徳仕法の類義語

「報徳仕法」の類義語には、「尊徳仕法」「報徳社」などの言葉が挙げられます。

報徳仕法まとめ

二宮金次郎こと二宮尊徳が、自らの経験を元に提唱した農家や農民の経済をより良くする説が「報徳仕法」です。今では、この説が貧しい人や農家だけでなく、財政難や復興を目指す地方自治体などへも広く浸透し支持されています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事