共存共栄(きょうぞんきょうえい)

「共存共栄」とは「お互いに支え合い共存し繁栄する事」です。これまで関係が無かったり、或いは敵対していた同士が共に手を結び助け合う道を選んだので、その相乗効果が期待できます。一方で、どの分野でも「共存共栄」は理想論であり長期間に渡り継続をするのは本当に難しいのも事実です。しかし、特に地球環境や政治に行政は「共存共栄」を目指すしか道はないほど問題が噴出しています。それでは「共存共栄」について詳しい解説をさせて頂きます。

[adstext]
[ads]

共存共栄の意味とは

「共存共栄」の意味は以下の通りとなります。
(1)互いに助け合って生存し共に繁栄する事。
(2)二つ以上のものが争う事なく共に生きて共に繁栄する事。
(3)これまで別々のものが互いに支え合い一緒に生きる事。
(4)「きょうそんきょうえい」とも読む。
”共存”は「互いに助け合い生存する」「二つ以上のものが存在する」、”共栄”は「共に栄える」「自他共に栄える」で、これまで敵同士であったり或いは関係がなかった者同士が共に助け合い栄えるのが「共存共栄」です。お互いの利益が一致したり、或いは苦肉の策として力を合わせる場合もあるのでケースバイケースですが、それでも「共存共栄」は国際関係から政治経済にスポーツや文化など様々な場で用いられる言葉になっています。それだけ便利で使い勝手が良いからですが、最近では東京と地方を結んだり、新しい街づくりとして「共存共栄」がメディアで登場するようになっています。また、大企業と中小企業の「共存共栄」や企業理念としての「共存共栄」も大変多い形です。

共存共栄の由来

「共存共栄」の由来は残念ながら不明ですが、文献としては明治時代の官僚・森賢吾の著書「古着を好む日本人」(1927年)などに文言が記されています。

共存共栄の文章・例文

例文1.米中が共存共栄の道を探れば、世界は少しだけ平和になる。
例文2.共存共栄は言葉で言うのは容易く正に理想論だが、現実はとても難しく実現可能ではない。
例文3.人類と自然界の共存共栄を模索しているが、昨今の異常気象を目の当たりにするともう残された時間は僅かなんだと思えてならない。
例文4.隣に並ぶ焼肉屋や居酒屋の臭いが嫌で引っ越しをすると、必ず新しい先でもお店がオープンをして困らせる。私の生活を守りつつお店と共存共栄するのは、煙がある以上は絶対に不可能だろう。
例文5.サッカーの場合はチームに王様が二人いると共存共栄は難しいが、稀に成功するとスペクタルで魅力溢れる攻撃的なチームが完成するのでファンは熱狂し見る者を楽しませる。
国際問題や地球規模、フットボールなどで「共存共栄」を使った例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

共存共栄の会話例

  • 質問者アイコン

    暑いなー! 本当に暑い。なんか、年々暑くなっていない?

  • 回答者アイコン

    今日は35度だって。それにカナダでは確か50度になったみたい!

  • 質問者アイコン

    げっ! 本当に! それって外出たら倒れるレベルじゃん。でも、日本も近い将来なりそうだよ。

  • 回答者アイコン

    温暖化が止まらないから、確実にそうなるでしょうね。環境の事を考えて共存共栄する社会が見出せないなら、夏はどんどん暑くなって冬は逆に寒くなって、その反動でさらに夏は暑くなって、次第に人々の生活が出来なくなっていくのよ。

男女が猛暑から地球環境について会話をしています。

共存共栄の類義語

「共存共栄」の類義語には、「相互扶助」「相互協力」「協調関係」「共生」「ギブアンドテイク」「ウインウインの関係」などの言葉が挙げられます。

共存共栄の対義語

「共存共栄」の対義語には、「弱肉強食」「自然淘汰」「適者生存」「生存競争」などの言葉が挙げられます。

共存共栄まとめ

「共存共栄」は互いに助け合ったり支え合ったりして共に栄える事です。それこそ戦国時代から政治経済にスポーツなど様々な分野で使われる言葉で、現在はモットーや座右の銘として用いる事も多くあります。それだけ理想を表す言葉であり、互いに相手を理解し尊重する事が今後の社会では求められているのです。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事