ビットコイン(Bitcoin)

「ビットコイン」とは「ネット上で商品などの対価で使用可能な世界初の暗号通貨の一種」です。かつてはネットの中は「仮想世界」と呼ばれていて、そこで誕生した初めてのデジタル通貨が「ビットコイン」になります。だから「仮想通貨」とも呼ばれ、その代表が「ビットコイン」であり「イーサリアム」などになりますが、現在は「通貨」と表記するのは混乱を招くとして「暗号資産」で統一されています。

[adstext]
[ads]

ビットコインの意味とは

「ビットコイン」の意味は以下の通りとなります。
 (1)インターネット上のデジタル通貨であり暗号資産を代表する最も有名なコインのひとつで、通貨単位は「ビットコイン」、記号は「BTC」や「XBT」となる。
 (2)2009年に登場した最初の暗号資産(当時は仮想通貨)で、政府や中央銀行を介さないデジタル通貨として国境を越えた取引が容易な事から注目を集めるが、その激しい値動きから投機対象になったり取引に対しての安全な保障制度がない事から初心者には敷居が高く売買には注意する必要がある。
「ビットコイン」はサトシ・ナカモトという人物が開発した世界初の暗号資産で、2009年に使用開始された当初は仮想通貨と呼ばれていたマイナーな存在でしたが徐々に知名度を増していき、2017年になると「ビットコイン」を始めとした様々な仮想通貨が異常な高騰をしてバブルのようなブームが到来しました。そもそも「ビットコイン」は従来の日本円やアメリカドルなどの国際通貨や電子マネーとは似て非なる部分があり、インターネット上のみのデジタル通貨として送金や決済や投資・投機という目的に強みがあり、政府や中央銀行が管理していないのである意味、世界初の「共通通貨」や「庶民通貨」となるべき存在でした。またネットによって取引記録が管理され、世界中で容易に取引ができて手数料が安いといったこれまでの国際通貨にはないメリットが多数あります。しかし、2017年のブーム以降は投機目的の激しい値動きやハッキングや取引所トラブルに詐欺の勧誘手口に使われるなどが増えてしまい、暗号資産の代表である「ビットコイン」にも残念ながら悪い印象が定着しているのも事実です。しかし「ビットコイン」は暗号資産の中で時価総額は未だに1位を維持し、2021年11月につけた最高値1BTC=730万円を目指して現在は順調に価格を上げていて2023年11月初旬では1BTC=530万円となっています。またメルカリやクレジットカードなどでも取引や使用が可能になるなど、将来的にはさらなる普及があると期待を持たれています。

ビットコインの由来

「ビットコイン」は2008年にサトシ・ナカモトという恐らく仮名とされる人物が発明をしてオープンソースソフトウェアで公開され、2009年に原論文「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」が発表された後から使用が開始されました。また、2019年までは「ビットコイン」などを含めた総称として仮想通貨と呼ばれていましたが正式には通貨でない事が混乱を招くなど問題視され、同年5月31日の政府・金融商品取引法の改正によって呼称が「暗号資産」となりました。

ビットコインの文章・例文

例文1.あの時に血迷って買ったビットコインが暴落したお陰で今や一家離散だ。
例文2.ビットコインよ、なぜそんなに乱高下を繰り返す。
例文3.我が町の町長は横領した金でビットコインを買い漁り、小さな国の国家予算ぐらいぼろ儲けしたそうだ。
例文4.メッシや大谷もおそらく年俸の一部はビットコインで受け取る契約を結んでいるだろう。
例文5.今日も東京のどこかで詐欺師がビットコイン投資を情弱男や女に持ち掛けて大金を奪うセミナーを開催している。
「ビットコイン」を使った例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ビットコインの会話例

  • 質問者アイコン

    そういえば昔買ったビットコイン、今はどうなっているかな?

  • 回答者アイコン

    含み益や価格をチェックしていないの?

  • 質問者アイコン

    買った当初は頻繁に確認していたけど、だんだん面倒になって。どうせ長期保有しようと思っているから。

  • 回答者アイコン

    いいわねー、余裕があって。でも、ハッキングされているかも知れないから、たまにはビットコインを確認した方がいいって。

「ビットコイン」の保有者とその知人の会話です。

ビットコインの類義語

「ビットコイン」の類義語には「仮想通貨」「デジタル資産」「クリプトアセット」「暗号通貨」「中央銀行デジタル通貨」「アルトコイン」「イーサリアム」「リスク」「リップル」「ネム」などの言葉が挙げられます。

ビットコインの対義語

「ビットコイン」の対義語には「法定通貨」「日本銀行券」「法幣」「法定貨幣」などの言葉が挙げられます。

ビットコインまとめ

暗号資産やデジタル通貨の中で最も有名であり市場規模も最大なのが「ビットコイン」です。それ故に象徴する存在として「ビットコイン価格」だけで暗号資産の相場全体を語られたり、投資詐欺の儲け話で利用されるなど悪いイメージもありますが、実際にはブロックチェーンという画期的な技術を用いたコインであるのは間違いありません。現在はまだ従来の法定通貨と暗号資産の過渡期ともされ、もう暫くすれば「ビットコイン」が現在の米ドルのような扱いになる可能性も十分にあり得ます。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

Checkmateのサービスを紹介する広告です。
この記事を読んでいる人に人気の記事