オーバードーズ(Overdose)

「オーバードーズ」とは「苦痛から解放されたりリラックスを目的として、麻薬など違法薬物や風邪薬など市販薬を大量摂取する行為」です。1960年代や70年代の洋楽ロックを聴いていると、ヘロインなどドラッグを称賛するような歌詞が多く、現代とのギャップに驚くものです。しかし、日本でも戦時下や昭和時代はヒロポン(覚せい剤)を国が推奨したり、シンナーに溺れる若者も大変多かったのです。時代が違うと言えばそれまでですが、現在は風邪薬を服用する「オーバードーズ」も社会的に懸念されています。いつの時代も苦痛を和らげる薬を必要とする人は後を絶たないのでしょう。それでは「オーバードーズ」の解説となります。

[adstext]
[ads]

オーバードーズの意味とは

「オーバードーズ」の意味は以下の通りとなります。
(1)苦痛回避や多幸感を目的として、一度に大量の薬や麻薬を摂取する事。
(2)薬物中毒者が後先考えずに致死量の薬物を大量摂取する事。
(3)日本の若い女性に多い鬱や苦痛からの解放を目的として、大量の風邪薬など市販薬を過剰に乱用する事で、一時的にはリラックスしても次第に中毒に陥り体調不良で苦しむだけでなく最後は自ら命を絶つ事も多い危険な行為として社会問題になっている。
(4)「オーバードース」とも言い、略した「OD」も同義。
”オーバードーズ(overdose)”は直訳すると「過剰摂取」「過量摂取」「(趣味に)はまる」で、英米では趣味や好きな事にのめり込むという意味合いでも使われますが、基本的にはドラッグ(麻薬や薬物)やアルコールの過剰摂取が「オーバードーズ」で、特にドラッグで使うのが一般的です。日本の場合となると、麻薬で使うのは一緒ですが風邪薬など市販薬の過剰摂取でも用いられ、お酒を大量に飲む場合は使われないのが大きな違いとなります。(欧州よりも)英米の映画やドラマに音楽などでは「オーバードーズ」を扱った作品や歌詞が多く、一方で日本ではインディーズ系ヒップホップなどが得意気に作品とする事もありますが、映画やドラマではまだ少ないのが実情です。そこには文化の違いもありますが、英米の場合は貧困層から富裕層まで幅広くドラッグが蔓延しているのに対し、日本の場合は薬物が広がっているとはいえ一部の若者やヤクザなどまだ間口が狭いので、敢えて薬物をテーマにして作品にしても興味を持つ人が少ないからでしょう。その代わりと言っては何ですが、日本ならではの特徴としてドラッグストアが全国各地に点在し風邪薬など市販薬が安価で大量に購入可能な事から、特に悩みを抱える若い女性が気持ちを楽にしたり不眠解消を目的としてこれらの薬を過剰摂取する「オーバードーズ」に嵌まる人が増えています。英米より簡単に風邪薬が購入できる弊害ですが、これまでの生活から体調不良の際に服用した経験があるので、気軽に手を出せるのも「オーバードーズ」が増えている要因となっています。特に日本の場合は自殺者も多く、SNSには悩みを抱える人が自傷行為や大量の市販薬などを投稿すると、鬱などで苦しむ人は影響を受けてしまうのです。薬物に手を出すのは怖いが市販薬はいつでも入手可能なので、年々「オーバードーズ」に陥る若者が増えています。しかし、「オーバードーズ」を繰り返すと、どんなに本人が大丈夫と訴えても周囲は「薬物中毒」(ジャンキー)としか見ないので、その孤独感からさらに薬物や市販薬に嵌まり、最後は日常生活が送れなくなるか自ら命を絶ってしまう最悪の結末が待っています。

オーバードーズの由来

「オーバードーズ」の由来は残念ながら不明ですが、”麻薬”の歴史は大変古く一説によると世界各地で古代から使われていたと言われています。近代では、中国の清とイギリスの間で起こったアヘン戦争(1840年)やコロンビアマフィアのコカイン栽培も大変有名です。日本の場合は戦後の混乱期(昭和26年頃)は覚せい剤使用者が町に溢れ、その後は警察の取り締まりが厳しくなり減少しますが、現在は市販薬を摂取する若者が増えています。このような時代背景で、いつ頃から英米や日本で「オーバードーズ」が使われ始めたのか分かっていません。

オーバードーズの文章・例文

例文1.ロックやジャズ界の大物アーティストはオーバードーズで亡くなり、遺族が遺産で揉めてレコード会社がベストアルバムを乱発するまでが典型パターンである。
例文2.ビビリな友人はトローチを一日数個舐めただけで、オーバードーズになるかもと慌てふためくので可笑しくて堪らない。
例文3.若い女性達の苦しみから抜け出す手段がオーバードーズだが、世間からは理解を得られる事はないだろう。
例文4.アメリカは銃社会で人種問題もあり、ドラッグが蔓延しオーバードーズで命を落とす人も多いのに、一方では世界一の大国として経済と軍事にエンターテイメントでも抜きん出ているのだから、冷静になるととんでもないポテンシャルがある摩訶不思議な国だ。
例文5.日本でもニュースや新聞では報道されないが、自殺者の中の何割かはオーバードーズが原因だと個人的には疑っている。
様々な視点から「オーバードーズ」を使った例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

オーバードーズの会話例

  • 質問者アイコン

    (テレビから流れる)この曲いいね。何て曲か知ってる?

  • 回答者アイコン

    えーと、タイトルは何だっけ? でも凄く有名だよね。確か…、ギタリストがオーバードーズで亡くなったアメリカのロックバンドの曲だと思ったけど…。

  • 質問者アイコン

    そうそう思い出した。確かドラムにベースもオーバードーズで生死を彷徨ったんじゃなかった?

  • 回答者アイコン

    ドラムは単なる自殺じゃない? ところで、何ていうバンドだと思っているの? 多分、私が思っているのと違うよね。

恋人同士がテレビから流れる曲を演奏するバンドが何なのか意見を交わしています。

オーバードーズの類義語

「オーバードーズ」の類義語には、「過量服薬」「服毒自殺」「大量服薬」「過量摂取」などの言葉が挙げられます。

オーバードーズの対義語

「オーバードーズ」の対義語はありません。補足として、「オーバードーズ」を日本語訳した「過剰摂取」の”過剰”の対義語は「不足」「欠如」「欠乏」、”摂取”は「排泄」「排出」「排尿」などの言葉が挙げられます。

オーバードーズまとめ

「オーバードーズ」は覚せい剤などの麻薬や風邪薬などの市販薬、或いはお酒などを大量に摂取する行為です。多幸感や落ち込んだ気持ちを払拭するのが目的ですが、一度嵌まると抜け出せなくなり最後は中毒となって命を落とすケースも多いです。日本では麻薬だけでなく、若い女性の間では市販薬の「オーバードーズ」も増えていて社会問題となっています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事