TiK Tok

今年の流行ワードのひとつに挙げられているのがTiK Tok。10代後半の若い世代を中心に、世界中でヒットしている短編動画コミュニティです。一度は見たことのあるという方も、TiK Tokってどんなものか良く分からないというあなたも、TiK Tokの基本情報についてしっかり勉強していきましょう。

TiK Tokの意味とは

TiK Tokとユーチューブを混同されることが多いのですが、長時間の動画撮影がOKなユーチューブに対して、TiK Tokは15秒間に限定したミニ動画が自分で作れるアプリ。画像に合わせてワンタッチで音楽を挿入することもできるため、素人さんでもプロのようなハイクオリティ動画を製作することができます。完成した動画はユーザー同士でチェックすることができます。15秒というテレビCMと同じような短い枠のため、何度見ても飽きないというメリットがあります。

TiK Tokの由来

TiK Tokは中国発のアプリです。サービスが開始されたのは2016年の秋のため、その他のアプリケーションと比べて歴史が浅くなっています。難しい専門用語が分からなくても、気軽にクリエイター気分を味わえるとあり、急成長を遂げています。1 カ月あたりのユーザー数は、なんと5億人をこえる一大メガアプリに急成長を遂げています。

TiK Tokの文章・例文

例文1.中国や台湾などで流行しているTiK Tok、流行の発信源になっています
例文2.アクティブユーザー数の多いTiK Tok 、今後どこまで急成長を遂げるか見ものです
例文3.TiK Tok を利用して、新しい友人を作ることができた
例文4.中高生の間で人気のTiK Tok 、その危険性についても熟知しておく必要がある
例文5.TiK Tok に参加している芸能人やアイドルはとても多い
アジア圏を中心に人気を博しているTiK Tok。仲間同士で盛り上がることができる便利な一面があるものの、注目を集めたいばかりに過激な動画を撮影するユーザーもいます。社会問題をどう解決していくかにも、関心が集まっています。

TiK Tokの類義語

TiK Tokは和名で「ティックトック」と呼んでいます。動画ソーシャルアプリ・動画交流アプリといった類義語もあります。

TiK Tokまとめ

ひょっこりはんやピコ太郎さんなど、数多くの有名芸能人たちも参画しているのが中国発のソーシャルアプリ・TiK Tokです。15秒という絶妙なサジ加減が受けて、ティーンズ世代の若者を中心に人気を集めています。
誰もが一流プロデューサーになれるTiK Tokですが、アップした動画が別のサイトで流用される・中高生の個人情報が漏れる・マナーを逸脱した過激な投稿者が増えている…などの社会問題も深刻化しています。新しく生まれたばかりのTiK Tokを、どう上手に生活の一部に加えていくか、私たちの腕の見せ所が試されています。

この記事を読んでいる人に人気の記事