警戒レベル3らしい

警戒レベル(けいかいれべる)

日本や東南アジアのような時期によって雨が多い時期がある地域は、雨による災害も視野に入れた生活をしていかなければなりません。日本では特に6月〜7月中旬ごろにかけて訪れる梅雨の時期は年間でも降水量が多くなるとされ、警戒が必要です。そこで、雨が多い時期に特にメディアで取り上げられている「警戒レベル」という言葉について解説していきたいと思います。

警戒レベルの意味

警戒レベルというのは、日本における降雨量の度合いを測るための尺度です。降雨量によって、警戒レベル1〜5が割り当てられ警戒レベルの高さによっては避難などの行動が必要となります。
・警戒レベル1(早期注意情報)=災害が起こることに注意しておいた方がいいという程度のレベルです。
・警戒レベル2(大雨注意報、洪水注意報、高潮注意報)=避難行動の確認が必要なレベルです。
・警戒レベル2相当(氾濫注意情報)=警戒レベル2に相当するものです。
・警戒レベル3相当(大雨警報(土砂災害)、洪水警報 他)=地域自治体での避難準備や高齢者などの避難を始める目安となるレベルです。
・警戒レベル4相当(土砂災害警戒情報、高潮特別警報 他)=地元自治体が避難勧告を発令する目安レベルです。速やかに避難が必要となります。
・警戒レベル5相当(大雨特別警報、氾濫発生情報)=災害がすでに発生していることを指すレベルです。命を守るための最善の行動が必要となります。

警戒レベルの由来

自分の身に危険があると感じた際に、逃げる・身を守るという行動はごく自然なことで、大雨に関する警戒レベルはそのための基準を明確化し、可視化したものになります。

警戒レベルの文章・例文

例文1.今朝のニュースで、警戒レベルが2から3に上がっていた
例文2.警戒レベルが4が発令されたから、早めに避難場に避難しよう
例文3.昨日からかなりひどい雨だが、警戒レベルはどのくらいだろう
例文4.九州では記録的な豪雨で、警戒レベル5が発令されているらしい
例文5.梅雨が明けるまでは、警戒レベルに注意が必要だ
警戒レベル5ともなると、記録的な豪雨レベルの雨が降るので降水量の多い時期は、特に避難などに対してアンテナを張る必要がありますね。

警戒レベルの会話例

  • 質問者アイコン

    今日もひどい雨だね。実家の方は大丈夫かな。

  • 回答者アイコン

    ニュースでやっているけど、
    今の所は警戒レベル2くらいらしいよ。

  • 質問者アイコン

    じゃあよかった。一応両親に連絡入れておこうかな。

  • 回答者アイコン

    警戒レベルが上がる可能性もあるから、その方がいいかもね。

特に途方であれば、避難誘導や警戒レベルに関する情報が遅れる可能性もあるので、そうした連絡を入れてあげることも重要です。

警戒レベルの類義語

今回は大雨に関する避難警告ということであげてますが、この他にも火山噴火に関する警戒レベルで、「噴火警戒レベル」というのも存在しています。

警戒レベルまとめ

日本はその土地柄、雨が多く山に近い地域はそれに関連した被害も発生しやすいです。逐一最新の情報が得られるように準備しておくに越したことはないでしょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事