犬の頭を撫でる

撫でる(なでる)

撫でるという言葉は日常的に誰しもよく使う言葉かと思います。意味も皆さんお分かりかと思いますが、もう少し深く理解していこうと思います。

[adstext]
[ads]

撫でるとは

指や手のひらで、対象の(もの・人・ペット)をいとおしむようにゆっくりと動かすことで、愛情表現や触感を確かめる事にも使用されています。撫でるということで脳の動きが活性化されたり、撫でられて嬉しく感じたり、子供の頭が良くなるといった効果も望まれているようです。

撫でるの由来

撫でるの由来は、古典日本語「なづ」からきていると言われています。

撫でるの文章・例文

例文1.愛犬がいい子にお留守番できたので撫でてあげる。
例文2.撫でられたら赤ちゃんが笑顔になる。
例文3.稲田を撫でる風の音がさやさや聞える。
例文4.いたわり撫でるつもりで、ひっ掻いている。
例文5.どこか皮膚の表面を撫でるような、甘美でうっとりとした魅力があった。
撫でるにもいろいろな意味があるようですね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

撫でるの会話例

  • 質問者アイコン

    子どもがはじめてのおつかいへ行ってくれました。

  • 回答者アイコン

    すごいですね!

  • 質問者アイコン

    なのでぎゅっと抱きしめて撫でてあげました。

  • 回答者アイコン

    子どもさんも喜ばれた事ですね。

上記が撫でるを使った会話文になります。

撫でるの類義語

「さする」・・・手のひらを対象物に当てたまま、強い刺激を与えないように優しく摩擦を起こすことで人間や動物などの痛み不安などを和らげることです。
「こする」・・・さするや撫でるに比べて力が強いイメージですね。対象物を削り取るほどの力で繰り返し動かす行為の事です。

撫でるまとめ

「撫でる」は愛情表現の一種だと思います。なので親から子へ、飼い主がペットへという感じですよね。頭を撫でられると独特の安心感や心地よさを全身に感じられ、「撫でる」行為には他にも心身的に効果があると言われています。子どもを撫でることによって、脳の活性化につながると言われています。頭を撫でられると神経が刺激されて気持ちが落ち着くと言われています。子どもが1人で何かできるようになったときは撫でてあげましょう。喜びが何倍にもなって、幸せな気持ちになることでしょう。そして愛されていると感じ、安心感から心も成長してくれるはずですので、言葉で褒めてあげるのも良いですが、一緒に頭を撫でてあげるのも効果的と言えます。頭を撫でることによって「オキシトシン」が分泌されます。オキシトシンは学習や記憶を促す効果があります。ですので頭を撫でることによって自尊心が高まり、何事にも「もっと頑張る」という気持ちになるはずです。また、社会性や好奇心も向上していくので、子供のチャレンジ精神が育つと言えるでしょう。お子さんと信頼関係の構築や愛情を伝えるためにも、ぜひ皆さん頭を撫でてあげてほしいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事