天皇誕生日(てんのうたんじょうび)

祝日休みなのに予定がなく丸一日時間を無駄にしてしまった事はありますか?今回は日本を代表する祝日である「天皇誕生日」についての知識をご紹介します。祝日の過ごし方は人それぞれではありますが、たまには祝日の意味を知り、その祝日にあった過ごし方や行事に参加してみてはどうでしょうか。「天皇誕生日」の意味や例文などを詳しく解説していきます。

天皇誕生日の意味とは

「天皇誕生日」とは、「天皇の誕生日を祝う日」として法律で定められた祝日のことを指します。
(2018年までは12月23日でしたが天皇が変わり、2020年より2月23日になりました)

天皇誕生日の由来

「天皇誕生日」は、第二次世界大戦終結までは、天長節と呼ばれていました。戦前に神様として崇められていた天皇が、その誕生日を祝日に制定しました。しかし戦後天皇は神様ではなくなり、次第に「日本国民の象徴」という新しい意味を持つようになりました。その事を受け、国民と天皇との距離を縮めることを目的とした日として「天皇誕生日」が設けられました。

天皇誕生日の文章・例文

例文1.明日の祝日は天皇誕生日で、日本国民にとって大切な日です。
例文2.天皇誕生日は天皇の誕生を祝う日なので、毎年一般参賀に参加する。
例文3.今日は天皇誕生日で仕事が休みなので、近くのショッピングモールに買い物に行く。
例文4.天皇誕生日はいつも仕事は休みだが、家族とゆっくり過ごしている事が多い。
例文5.天皇誕生日は、第二次世界大戦終結までは天長節と呼ばれていました。
「天皇誕生日」に関する一般的な例文です。

天皇誕生日の会話例

  • 質問者アイコン

    明日は祝日で学校休みだね!明日の祝日は天皇誕生日って言うらしいけど、天皇ってそんなに偉い人なの?

  • 回答者アイコン

    え!知らないの?今、天皇は日本国民の代表する人でちょっと偉い人みたいなイメージだけど、昔は神様として崇められていたんだよ。

  • 質問者アイコン

    そうなんだ!まさか天皇が神様として崇められていたなんて今だと想像もつかないよね。

  • 回答者アイコン

    そうだよね。まさか神様なんてね。

「天皇誕生日」に関する一般的な会話です。

天皇誕生日の類義語

「天皇誕生日」の類義語には「建国記念日」や「昭和の日」などが挙げられます。

天皇誕生日まとめ

天皇は戦前神様として崇められており、その誕生日を祝う日という事で日本人にとって「天皇誕生日」は大切な祝日ということをお分かり頂けたでしょうか。また「天皇誕生日」には毎年様々な行事が行われていて、主に祝賀の儀、宴会の儀、茶会の儀、一般参賀が行われます。
一般参賀については誰でも参加する事ができますので一度参加してみてはいかがでしょうか。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事