天保の改革(てんぽうのかいかく)

「天保の改革」とは「江戸時代後期の財政破綻や物価高騰などを是正する為、老中・水野忠邦が断行した幕政改革」です。徳川家康が開いた江戸幕府は260年間も続きますが、後期になると様々な問題が表面化し、その対処がどうにもならなくなり天皇に返上する「大政奉還」に繋がります。その最後の始まりともされる「天保の改革」の解説となります。

[adstext]
[ads]

天保の改革の意味とは

「天保の改革」の意味は以下の通りとなります。
(1)江戸時代の老中・水野忠邦が1841年から1843年の間、財政引き締めや物価高騰の抑制に農村の復興を目的とした江戸時代の三大改革の一つとされる幕府の政治・経済改革。
(2)江戸時代の天保年間(1830年~1844年)は米などの物価高騰や大飢饉に阿片戦争など幕府を揺るがす事態が頻発し、老中・水野忠邦が立て直しを図り様々な対策に打って出た一連の改革。
「天保の改革」は江戸時代後期の天保年間(1830~1844年)とされる間の1841年から1843年の2年間に行われた行政改革です。この天保の時期は、有名な「天保の飢饉」に始まり「大塩平八郎の乱」や「阿片戦争」など歴史を揺るがす様々な事態に直面し、幕府財政も物価高騰などの煽りを受けて破綻したも同然で緊急の対策が求められていました。その立て直しを任された人物が老中・水野忠邦で、1841年に「倹約令の発令」「歌舞伎座の浅草移動」「株仲間の解散」、1843年には「人返しの法」「上知令」と立て続けに改革を進めましたが、残念ながら思い通りの結果とは繋がらず、それどころか各地の大名や民衆からも反感を買い失脚をしてしまいます。しかし、その後は江戸時代の三大改革(享保の改革・寛政の改革・天保の改革)の中でも最も大胆な改革をしたと再評価する声も高まり、結果的には明治維新への引き金となったのです。

天保の改革の由来

「天保の改革」は江戸時代後期の天保年間に行われ、その前には江戸時代中期の享保年間に第8代将軍・徳川吉宗が行った幕政改革「享保の改革」(1716年~大凡1735年)、江戸時代中期の寛政年間(1787年~1793年)に老中・松平定信が行った「寛政の改革」があり、これらはどれも年号から名付けられています。

天保の改革の文章・例文

例文1.天保の改革をさらに深く掘り下げようと、時代劇ドラマ「遠山の金さん」を観る事にした。
例文2.人生が上手く行っていないと江戸時代などに憧れを持つ人もいるが、少なくても現代人のメンタリティで天保の改革などに直面したら発狂してしまうだろう。
例文3.中学の歴史で天保の改革を学んだ頃が懐かしい。
例文4.天保の改革は知れば知る程に奥深く、当時の民衆の思いなども窺い知れる。
例文5.天保の改革を実行した水野忠邦の子孫も日本のどこかで生活をしているのだろう。
「天保の改革」についての例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

天保の改革の会話例

  • 質問者アイコン

    江戸時代って振り返ると、その間に大きな出来事がいくつも起こっているよね。

  • 回答者アイコン

    それはあれだけ何百年も続けば、色んな事が起こるわよ。

  • 質問者アイコン

    天保の改革とか…。

  • 回答者アイコン

    寛政に享保の改革もね。

江戸時代の三大改革についての会話となります。

天保の改革の類義語

「天保の改革」の類義語には、「享保の改革」「寛政の改革」などの言葉が挙げられます。

天保の改革の対義語

「天保の改革」の対義語はありません。補足として”改革”の対義語は「踏襲」「因循」「保守」「固守」などの言葉が挙げられます。

天保の改革まとめ

「天保の改革」は江戸時代に行われた三大改革の一つで、老中・水野忠邦による逼迫する財政事情などを改善する為に「倹約令の発令」「株仲間の解散」などを断行しましたが、結果的には反発も多く道半ばで頓挫しました。しかし、短期間で最も大胆な改革を行ったのも事実です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事