大嘗祭は日本伝統の五穀豊穣を願う皇室行事

大嘗祭(だいじょうさい)

2019年は日本国内でも元号が平成から令和に変わり、新しい天皇陛下の即位など大きな変換の年となっており、皇室でも多くの行事が執り行われています。日本中で都度大きな話題となっていますが、この大嘗祭については、11月14日に予定をされていますが、どういった意味合いであるのか理解をしておきましょう。分かりやすく大嘗祭について、解説をしていきます。

大嘗祭の意味とは

大嘗祭とは天皇陛下の代替わりに伴う皇室行事であり、新しい天皇陛下が即位をされた後に新穀を神にお供えをして、自らも新穀を食べて、国と国民の為に五穀豊穣を天照大神に祈るものです。
また同様に皇室では宮中祭祀として新嘗祭も毎年11月23日に行われていますが、2019年については大嘗祭を行う兼ね合いで開催されませんが、意味合いとしてはどちらも似ているものであり、即位があった年にのみ大嘗祭が行われると理解すると分かりやすいでしょう。
大嘗祭は皇室の行事であり、国事行為ではありません。日本国憲法において、国事行為とは内閣の助言と承認を必要とするものである為、位置づけとしては皇室の伝統祭祀として皇室の公式行事であると覚えておきましょう。

大嘗祭の由来

大嘗祭は7世紀の皇極天皇の時代であったと言われています。その際は大嘗祭と新嘗祭の区別が明確ではなく、天皇が在位している間も何度か行われていた様です。そして時代を経て、現在も引き継がれている皇室の行事となっています。

大嘗祭の文章・例文

例文1.大嘗祭が行われるのは今年は11月14日と決まった様です
例文2.新嘗祭と大嘗祭は似ているものであり、天皇陛下即位の年は大嘗祭となります
例文3.五穀豊穣を祈る伝統祭祀として、大嘗祭は歴史ある行事である
例文4.今年の大嘗祭は開かれた皇室である為に内外にアピールする必要がある
例文5.大嘗祭は今年もテレビ中継される為、多くの人に目にする事になるだろう
普段は大嘗祭とあまり身近でない言葉も、そのタイミングで知ったり、理解を深めたりする人も多くなるでしょう。

大嘗祭の会話例

  • 質問者アイコン

    今年は本当に皇室の行事が多くて、分からなくなってきたよ。

  • 回答者アイコン

    元号が変わってから、本当に多くの行事があって11月14日には大嘗祭もありますもんね。

  • 質問者アイコン

    ただこういった歴史ある行事を目の当たりにすると先人たちへの感謝の気持ちが生まれてくるね

  • 回答者アイコン

    自分自身を見つめ直すって意味でも、こういった行事は本当に貴重ですよね。

こういった宮中行事を目の当たりにする中で、日本の成り立ちや風土、歴史、文化をもう一度見直すのもいいかもしれませんね。

大嘗祭の類義語

大嘗祭の類義語としては、「新嘗祭」「大嘗宮」などがあげられます。

大嘗祭まとめ

今年は多くの皇室行事が行われていますが、大嘗祭もその一つです。そういった皇室の行事については、日本という国が出来たころから脈々と引き継がれている文化とも言えるようなものです。
ボーダレスなグローバル社会が進んでいく中で、まず自国である日本の文化や歴史を正しく解する事も重要ではないでしょうか。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事