商標(しょうひょう)

商標とは自分の商品や役務(サービス)を他人や他社の商品や役務(サービス)を区別する為のマークの事です。このマーク自体は文字や図形、記号、立体的な形状を結合して作られるものとなります。消費者の立場からすると、あまりピンとこないかもしれませんが、商品の提供や役務(サービス)の提供する立場からすると、非常に重要なものであると言えます。今回は商標について、意味や由来なども含めて、解説をしていきます。

[adstext]
[ads]

商標の意味とは

商標の意味とは自分の商品や役務(サービス)を他人や他社の商品や役務(サービス)を区別する為のマークの事を指した言葉です。ただそれと同時に商標がついている商品・サービスについては、それが常に一定の品質を持ち合わせているという保証にもなり、消費者からすると安心に繋がります。
また商標は各国の商標法に則り、登録すれば独占して使用する権利(専用権)が与えられるのと同時に第三者が登録した商標を同じものや類似したものの使用を禁止する権利(禁止権)も与えられます。
つまり商標を取得することは会社の商品や自社サービスを第三者から守る事であり、さらには他社との差別化に繋がり、独占的に権利を持って使用する事が出来る為にその会社の商品やサービスに長い時間かけて好印象を持つようになり、それがひいては信用へと繋がるという事です。そういった意味でも商標を正しく取得して、管理する事は企業にとっては、必須と言えるのではないでしょうか。

商標の由来

商標の由来は、14世紀のイタリア(当時のローマ帝国)で中世ローマ法と大陸法の権威であった法学者のバルトーラスが発案した概念と言われています。

そして商標の侵害をされたり、商標を侵害してしまう事は企業にとっても、大きなデメリットとなります。それは金銭的な意味もあれば、社会的な信用にも関わってくる問題です。
そこで今回そういった特に広告出稿における商標の侵害をされる/してしまう事に対して、しっかりと対策を取り、安心して広告運用を進めていけるツールをご紹介します。
それは【Check Mate
このツールは24時間365日アフィリエイトで用いられる商標の不正出稿を自動検知&通知をするマーケティングツールであり、顧客満足度は96.6%で契約更新も95%を超えています。

この【Check Mate】導入の会社のメリットは大きく3つ!
1.金銭的被害を未然に防げる

不正出稿による被害は月間で約37万円と言われていますが、【Check Mate】ではそういった不正出稿を未然に検知してくれる為、金銭的な被害を未然に防ぐことが可能です。

2.不正チェックの対応時間が5分の1に

手作業で不正チェックをする事は時間がかかるのと同時に人がやる事ですから、ミスが起きる可能性があります。しかし【Check Mate】ではかかる時間は5分の1でOK。さらにシステムで自動的に検知と通知をしますので、漏れが起きる心配もなし!

3.CPAの改善

CPA(Cost Per Action)、日本語では「顧客獲得単価」と言えばわかりやすいでしょうか。このCPAを下げるのに広告やマーケティングの担当者は日夜頭を悩まされている事でしょう。しかし、【Check Mate】では余分なものは事前に排除するので、自然とCPAが改善されて、広告効果が最大化する事が可能になります。

広告やマーケティングでお悩みの方、担当者の方は一度ご相談してみては!?
https://check-mate.app/

商標の文章・例文

例文1.商標を正しく管理する事は今や企業にとっての責任となっている。
例文2.権利侵害に対しても商標の持つ役割は非常に大きいものと言える。
例文3.ヨーロッパでは14世紀から商標について法学者の間では議論がなされていた。
例文4.商標を取る事は会社は社会的信用を得る為の第一歩と言える。
例文5.日本では商標の権利について、消費者の理解があるとは言えない状況だ。
商標についての言及を例文としてまとめています。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

商標の会話例

  • 質問者アイコン

    商標登録を担当している部署に異動になったけど、わからない事だらけだよ。

  • 回答者アイコン

    商標は会社の根幹を担う重要な点だからね、覚えながら頑張らないとね!

  • 質問者アイコン

    会社のポジション的には栄転だし、ここが踏ん張りどころで頑張らないといけないよね。

  • 回答者アイコン

    私も法務部にいた事があるから、わかる範囲でサポートするから、一つずつ問題点を解決していこうよ!

企業において、商標を管理する部署に配属された男性とそれを聞く女性の会話でした。

商標の類義語

商標の類義語としては、「ブランド」「トレードマーク」「銘柄」「登録商標」が挙げられます。

商標の対義語

商標の対義語としては、「コピー商品」「盗作」「贋作」「権利侵害」などが挙げられます。

商標まとめ

商標については、世界中で争いが激しくなっており、各国が国益に関係する事もあり、かなりシビアな状況となっていますが、日本においてはそういった政治的な部分での弱さがあり、諸外国に押し込まれているのが現状です。こういった状況を見過ごす事は国内の企業の成長を阻害する可能性がある為、早急な対応が望まれます。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事