仁徳天皇陵の入り口

仁徳天皇陵(にんとくてんのうりょう)

今、日本の前方後円墳において革新的な日になりました。日本が推薦したのは、最大規模の前方後円墳群。この古墳は、天皇のものだということで令和になってまだ日が浅いですが、天皇に関する事柄でさらに巷を騒がせています。ここで今回話題の仁徳天皇陵について詳しくみていきましょう。

仁徳天皇陵の意味とは

大阪府堺市堺区大仙町には日本最大の前方後円墳があり、周囲に陪塚と考えられる古墳が10基以上あります。今回の世界遺産登録には、この古墳群(百舌鳥・古市古墳群)が登録されるようです。仁徳天皇陵は、その中で最大の前方後円墳です。

仁徳天皇陵の由来

仁徳天皇陵とされていますが、日本書紀などに伝えられる仁徳・履中の在位順とは逆に、履中天皇陵古墳よりも後で築造されたことがわかっています。しかし宮内庁は、仁徳天皇の陵墓であると主張しており、具体的に誰のものなのかは現状不明瞭なのです。

仁徳天皇陵の文章・例文

例文1.このままいくと仁徳天皇陵は、世界遺産に登録されるにちがいない
例文2.仁徳天皇陵は日本最大規模であり、堺市は世界三大墳墓と主張している
例文3.仁徳天皇陵は、小学校の社会科見学で近くに行ったことがある
例文4.百舌鳥・古市古墳群の中の最大の古墳が、仁徳天皇陵である
例文5.仁徳天皇陵は大仙町にあり、大仙陵古墳とも呼ばれる
大きな古墳なので、地上からではなく空からの映像でよく見ます。とても特徴的な形をしていますね。日本にはたくさんの古墳があることがわかっていますが、この古墳の周囲は町になっています。この地元の人たちはとても身近に古墳を感じることができるのです。

仁徳天皇陵の会話例

  • 質問者アイコン

    今回、世界遺産に仁徳天皇陵が登録されたみたいだよ。

  • 回答者アイコン

    そうなんだ。あれだけ大きかったら、確かに世界遺産にもしたくなるね。

  • 質問者アイコン

    これで令和最初の世界遺産になるね。おめでたいことがこうも立て続けに起こるものなんだね。

  • 回答者アイコン

    そうだった!令和最初の世界遺産がこんなに早く登録されるなんてすごいね!

令和最初の世界遺産がこんなにも早くに決まり、オリンピックまでこの勢いで期待できそうです。

仁徳天皇陵の類義語

仁徳天皇陵の別名としては、地名が含まれる「大仙陵古墳」があげられます。現在、この地が反映された名前で登録するかどうかについて研究者が主張しています。

仁徳天皇陵まとめ

もとの主が不明瞭なのですが、それだけ歴史が古いことがわかります。日本が世界遺産に推薦した仁徳天皇陵が世界遺産に決まり、今年は天皇家関係に富んだ年になりました。6月~7月にかけてのアゼルバイジャンで開かれるユネスコ世界遺産委員会で正式に決まる予定となっています。正式な書面は、まだのようですが、ほぼ決まりと言っても差し支えないようです。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事