七五三

日本では古来より節目ごとに、子供の健やかな成長を喜び祝う祭事が行われてきました。端午の節句や雛祭りなど、折に触れて、子供を病魔や災厄などから守るための祈りを奉げていたのです。医療技術が未熟な時代において、子供の健康と成長は重大な関心事だったことが伺われます。
もちろん、現代においても、愛する子供の健やかな成長を願う親の気持ちは変わりません。伝統のある年中行事として今なお引き継がれています。
七五三もそのような祝い事の1つです。

七五三の意味とは

七五三は、数字の年齢ごとに子供の成長を喜び、神社仏閣で氏神様やご先祖様に感謝と加護を願う祭事です。一般的なお祝いの回数は、男児なら5歳のときに1回、女児は3歳と7歳のときに2回。年齢の数え方は、地域や家庭によって異なり、満年齢か数え年のどちらかで数えます。
現代においては、満年齢を採用する家庭が多いそうですが、厳密な規定はないため柔軟な対応が可能。たとえば、兄は満年齢で5歳、妹は数え年で3歳だから同時にお祝いするということも行われています。

七五三の由来

所説ありますが、起源となる祭事は、平安時代の公家で行われていたお祝い事まで遡るようです。祭事は形を変えながら、武家の間にも祝い事として取り込まれて行き、時代は江戸へ。五代将軍綱吉公の息子徳松の健康祈願をきっかけとして、庶民の間にも祭事は広まっていきました。
ただし、江戸の頃には七五三という言葉はなく、使われ始めたのはなんと明治時代に入ってから。現代に近い形となり全国に普及していくのは、さらに後の大正時代以降となります。由来となった祭事自体は古いものですが、七五三という祭事は比較的新しいものなのです。

七五三の文章・例文

例文1.七五三のお祝いのため、子供におめかしする。
例文2.七五三の記念写真は一生の宝物だ。
例文3.腕を奮って七五三のお祝いのケーキを作る。
例文4.混雑を避けるため、11月前に七五三の参拝に行く。
例文5.七五三のために着物を購入した。
親にとって子供の成長は本当に喜ばしいものです。医療水準が上がっているとはいえ、小さな子供は怪我や病気をしやすく、心配の種は尽きないもの。神仏の力を借りてでも子供を守りたいという気持ちが、七五三を全国に普及させたのかもしれません。

七五三の類義語

言葉としてはありませんが、子供の健やかな成長を願う祭事や風習があります。
たとえば、端午の節句、桃の節句は、七五三と同様に病魔や災厄を退けて子供を守るお祝い事です。

七五三まとめ

見えざる病魔・災厄を遠ざけて、神仏に感謝の念を奉げて、子供の成長を喜び祝う。
七五三は、子供への愛情に満ちた祭事といってもいいのではないでしょうか。誇れる日本の文化の1つとして、大切に継承していきたいものです。

この記事を読んでいる人に人気の記事