サステナビリティ

企業のあるべき姿を考えていく上で、スルーできない問題のひとつに「サステナビリティ」という言葉があります。10年前と比較するとサステナビリティの浸透度は高まってきたようにも思えますが、イマイチどのような言葉か具体的に説明できない…と苦慮しているビジネスマンの方も多いのではないでしょうか。今回は頭の中がクリアになる、サステナビリティという言葉の魅力に迫りたいと思います。

サステナビリティの意味とは

サステナビリティは英語で【sustainability】と書きます。サステナビリティは企業が地域の活動や地球環境のために、何らかの活動をおこなうことを意味しています。サステナビリティは自身の利益ばかりを追いかけるのではなく、地域の経済やエコな暮らしの実現のために努力することを示しています。企業の活動とはいったい何なのか、慈善事業とはどのようなことか、大きなテーマを投げかけている言葉です。

サステナビリティの由来

サステナビリティは英語から生まれたビジネス語です。英語の意味としては、持続的な・継続していく…という意味が強く、企業が地域や社会のために何らかのアクションを継続しておこなっていく…という意味に発展した言葉です。サステナビリティが世に広く知れ渡るようになったのは、1980年代に国連が発表した「環境に関する世界委員会」の席においてのこと。各企業がエコに配慮した取り組みをおこなうことを、国連本体が推奨したことがそもそもの由来といわれています。最近はブランドのイメージアップをかねて、積極的にサステナビリティをおこなう企業が増えています。

サステナビリティの文章・例文

例文1.サステナビリティを考慮して、紙製のストローを廃止しました
例文2.サステナビリティの観点からみると、この事業は納得ができません
例文3.サステナビリティ活動の一環として、社内に保育所を作ることにしました
例文4.サステナビリティを看過している企業は、いずれ淘汰されます
例文5.景気が悪化すると、サステナビリティへの関心が少なくなる
驚異的な台風やゲリラ豪雨、真夏の異常気象など、見過ごすことができないのが地球の温暖化です。住みやすい地球を取り戻すために必要なのが、企業のサステナビリティです。どのような活動が具体的におこなえるのか、ビジネスのトップたちが真剣に考えるべき時期にきているのかもしれません。

サステナビリティの類義語

サステナビリティの類義語として、エコロジカル・エコ・環境保護運動などがあります。またサステナビリティと同じような言葉として、CSRという新キーワードもあります。CSRは会社の社会的な責任をテーマにもつ言葉で、企業が独自の利益だけではなく、そこに暮らしている人たちの生活や暮らしを守る活動を並行しておこなうことが大切だと説いたものです。

サステナビリティまとめ

以前に比べてユーザーの、企業に対する評価の目は厳しくなっています。会社が国内外で利益を上げていくためには、ユーザーの心をつかむ慈善的な活動も大切になります。サステナビリティは、CSRの企業理念に基づいて生まれた言葉のひとつ。社会全体の利益を追求することによって、結果的に企業のイメージアップにつながり、企業価値が上がるという考え方です。待ったなしの環境破壊が進む地球、子や孫の世代に明るいバトンを渡すためにも、今何ができるのか真剣に考えるべきタイミングに差し掛かっているのかもしれません。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事