エッセンシャルワーカーに感謝しよう

エッセンシャルワーカー(essential worker)

エッセンシャルワーカーとは、人間が社会生活をしていく中で生活維持に欠かせない職業についている方の人の事を指しています。2020年はコロナウイルスの影響で、エッセンシャルワーカーの人への負担は他の職業に比べて、かなり大きくなっています。そういった方々だけに負担が大きくならない社会システムの構築も今後の課題ですが、まずは正しく意味を理解できるように、今日は意味や由来、例文、類義語などをわかりやすく解説をしていきます。

[adstext]
[ads]

エッセンシャルワーカーの意味とは

エッセンシャルワーカーの意味は、人間が生活維持をしていく中で欠かせない仕事を担っている方のことです。代表的な例でいえば、「医療従事者」などがあげられます。医療従事者については、マスメディアでも取り上げていますので、知っている方も多いとも負いますが、それ以外にもエッセンシャルワーカーである仕事はいくつかあります。

エッセンシャルワーカーと呼ばれる職種
(1)医療従事者
(2)役所職員
(3)バス・電車の運転士
(4)ゴミ収集員
(5)郵便配達員・トラック運転手
(6)介護士・保育士
(7)スーパー・コンビニ・薬局店員
(8)インフラ関連会社
こういった職業の方は新型コロナウイルス感染症への感染リスクを省みずに仕事を遂行してくれているのです。普段の生活でももちろんですが、こういった有事の場合に、彼らの偉大さをより感じることになったのではないでしょうか。

エッセンシャルワーカーの由来

エッセンシャルワーカーの由来は、英語ですが「essential」という単語が必要不可欠、本質的な様子といった意味を持っており、これに労働する人の意味である「worker」をつけて、必要不可欠な労働者という事で「essential worker」となり、日本語でのエッセンシャルワーカーとなっています。

エッセンシャルワーカーの文章・例文

例文1.エッセンシャルワーカーは新型コロナウイルスにより、注目を集めた。
例文2.エッセンシャルワーカーである医療従事者への尊敬の念をもって、接する。
例文3.見えない所で生活を下支えするエッセンシャルワーカーの存在で生活は成り立っている。
例文4.日本ではエッセンシャルワーカーという言葉はコロナウイルスの影響で広まった。
例文5.エッセンシャルワーカーはインフラにおいて絶対に欠かす事が出来ない職業だ。
文章4

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

エッセンシャルワーカーの会話例

  • 質問者アイコン

    新型コロナウイルスの影響で医療従事者を含む、エッセンシャルワーカーの人に注目が集まったよね。

  • 回答者アイコン

    今まで気付かなかったけど、そういった人の支えがあって、私たちは快適な生活が出来ていることを再認識したよ。

  • 質問者アイコン

    自分だけで何かできているなんて、本当に思い上がりだよね。感謝して日々の生活を過ごさないと。

  • 回答者アイコン

    コロナウイルスは不幸な事だけど、色々な気づきも多かったよね。

エッセンシャルワーカーの方への感謝を口にしている会話になっています。

エッセンシャルワーカーの類義語

エッセンシャルワーカーの類義語としては、「キーワーカー(key worker)」があげれらます。仕事の分野を指す言葉としては「ブルーカラー」「ホワイトカラー」などもあります。

エッセンシャルワーカーまとめ

新型コロナウイルスは世界中に暗い影を落としていますが、しかしその中でエッセンシャルワーカーの方の奮闘やありがたさなど、普段では見落としがちなものが見えている期間でもあったのではないでしょうか。今後もそういった方々への感謝を忘れずに、日々生活をしていきたいものですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事