ことわざ・慣用句の記事一覧

大人になってから、普段の会話などでなんとなくつかってしまうことわざや慣用句などはありませんか?そのことわざや慣用句って本当に正しいですか?この問いにうなずける人は、意外に少ないと思います。そこで、ここで意味についてきちんと理解してみてはいかがでしょう。

NEW!
鯖を読むとは、数をごまかすこと。
NEW!
驚いて舌を巻いている男性。
知らぬが仏というように知らない方良い事もある。
三度目の正直でフリスビーキャッチに成功する犬。
彼女には部下だが一目置いている。
慣れている工事現場で高を括っていたら転んでしまった男性。
雀の涙はごく僅かである。
赤子の手をひねるのは簡単なことである。
商い上手の仕入れ下手で、売るのは上手だが沢山仕入れをしてしまう女性。
最後に好きなさくらんぼが残り、余り物に福があった。
瓜二つな兄弟。
隣の花は赤いというように、うらやましがる様子。
門前の小僧。
将棋の「詰み」から詰めが甘い様子を表している。
猫の額はとても狭い。
言うは易く行うは難しは英語でEasier said than done。
病は気からというように、常にポジティブでいる女性。
触らぬ神に祟りなし、祟り神には触れない方が良い。
蛙の子は蛙、親子そっくりな様子。
鹿を追う者は山を見ずの通り、鹿のみを見て周りが見えていない様子。