希望に満ち溢れる新社会人5人

4月から新社会人になる方や今就職活動を控えている学生さんは、新たな環境の変化や新しい事への挑戦で何かと忙しくなりがちです。そんな時に一から新たな知識を覚えていくのは本当に大変です。
そんな時に大切なのは準備です!特に最初に仕事が出来る人間かも、頼れる人間だと思われると、その後の仕事や人間関係も非常にスムーズになるはずです。
ビジネスシーンで当たり前の様に使われているビジネス用語は新しい環境に入る前に覚えておくと、スムーズに仕事に入れるので、覚えておきましょう。

アライアンス

ビジネスシーンでは絶対に欠かせない言葉であり、しっかりと覚えておく必要があります。「アライアンスを組んで、仕事をしていこう!」という様な使われ方で頻繁に出て来るので、どういった意味なのかしっかりと頭に入れておいて下さい。アライアンスの詳細を確認しましょう。
アライアンスの使い方や意味、例文や類義語の徹底解説はこちら

エビデンス

「エビデンス取ったのか?」と使われたりしますが、言葉がわからないと一体何を言っているのか、全くわかりませんよね。ビジネスの世界では「わかりません」という言葉は通用しません。そうならない様にこの機会に学んでおきましょう。エビデンスの詳しい説明を確認しましょう。
エビデンスの使い方や意味、例文や類義語の徹底解説はこちら

コンプライアンス

コンプライアンスは昨今の様々な不祥事や問題を鑑みても、企業経営においては最優先事項とも言えるものです。コンプライアンスは絶対に理解して、その感覚を持って業務にあたる必要があるでしょう。コンプライアンスの詳しい意味についても理解をしておきましょう。
コンプライアンスの使い方や意味、例文や類義語の徹底解説はこちら

バッファ

これもビジネスシーンでは非常によく聞く言葉ですが、元々は全く別の機械を指す言葉でしたがIT業界を中心に使われ始めて、ビジネスシーンでも欠かせない言葉になっています。ニュアンスを頭に入れるだけでも、全く違いますので、バッファについても頭に入れておきたいですね。
バッファの使い方や意味、例文や類義語の徹底解説はこちら

フィックス

これは最近一気にビジネスシーンで広まった言葉ですが、会社の業界によってはスタンダードに使われている言葉と言えます。「この提案資料でフィックスか?」と上司に聞かれてすぐ答えられるように、今からフィックスについても覚えておきましょう。
フィックスの使い方や意味、例文や類義語の徹底解説はこちら

フィードバック

仕事をする上ではこのフィードバックは非常に重要です。フィードバックを生かして内容を改善して、成果を高めていく事が重要です。このフィードバックもビジネスシーンでは重要語であり、使われる頻度も多いと言えるでしょう。フィードバックの意味を理解しておきましょう。
フィードバックの使い方や意味、例文や類義語の徹底解説はこちら

プライオリティ

プライオリティはビジネスシーンに限らず、日常生活の中でも使う事がある言葉で、使った事がある人も多いのではないでしょうか。ビジネスにおいてプライオリティの位置づけは非常に重要ですから、そのあたりも踏まえて、言葉の本質を頭にいれておくとより一層理解が深まるでしょう。
プライオリティの使い方や意味、例文や類義語の徹底解説はこちら

ブレスト

新社会人の方や学生の人にとってはあまり馴染みがないのが、このブレストという言葉です。風通しの良い会社ではブレストが使われている事も多い様で、覚えておいて損はないでしょう。ブレストとその類義語や関連語も頭にいれておくと、会社に入ってから役に立ちます。
ブレストの使い方や意味、例文や類義語の徹底解説はこちら

リソース

ビジネスにおいて、非常に頻繁に使われる言葉がこのリソースです。どこの業界でも当たり前の様に使われていて、知らないと話についていけない可能性もあります。そうならない様にリソースが持つ複数の意味も合わせて理解をしておくといいでしょう。
リソースの使い方や意味、例文や類義語の徹底解説はこちら

KPI

この言葉を聞いて、ピンとくる方は十分に社会に出る準備が出来ていると言えるかもしれません。ビジネスにおいて最も重要な事は結果です、その結果に関わる重要な言葉であり、上司や同僚、クライアントと話をする時の為にしっかりと理解しておくと役に立つはずです。
KPIの使い方や意味、例文や類義語の徹底解説はこちら

今回はこれから社会に出る新社会人の方や就職活動を控えた学生の方に向けて、使われる頻度が高いビジネス用語を10個取り上げてみました。ここに掲載している言葉はかなりの確率で会社に入った後に耳にする言葉ですので、全ての言葉をしっかりと理解をしておくといいでしょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事