TPP

日本でも大きな話題になったTPPも今はかなり報道は下火になっていますが、政治面・経済面では大きな変化がありますが、現在はアメリカの離脱もあり、見直しが求められています。

TPPの意味とは

TPPの意味は英語の「Trans Pacific Partnership」となります。環太平洋パートナーシップというのが日本語の意味となります。一般に言われるTPPとは「TPP協定」の事を指しており、アジア太平洋地域において、関税を撤廃する事で経済の自由化を目的とする経済連携協定(EPA)です。。

TPPの由来とは

2005年から継続的に原協定を元に経済発展と環太平洋エリアの連携強化を目的に各国で交渉を続けてきていましたが、懸念国であった日本の加入表明もあり、一気に進展するかと思われましたが、2017年にアメリカのトランプ大統領の就任により、TPP離脱表明がされ、TPP協定の発効が出来ない状況に現在はなっています。

TPPの文章・例文

例文1.日本におけるTPPはメリットもデメリットもある
例文2.TPPで医療費の抑制効果が期待される
例文3.TPP加入については国内での活発な議論が必要だ
例文4.日本の農業への悪影響がTPPでは懸念される
例文5.TPP協定の発行はアメリカの加入が規定上必要だ
日本国内では特に自動車関連業界や貿易関連、銀行協会などが承認の早期要望を訴えていましたが、その反面、農林水産物を扱う企業は価格の低下、地位の低下、食の安全が失われるリスクを懸念して反対を表明していました。

TPPの類義語

TPPの類義語としてはTPSEP(Trans Pacific Strategic Economic Partnership Agreement)があげられます。

TPPまとめ

TPP協定は日本、カナダ、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、ベトナム、マレーシア、チリ、ペルー、メキシコ、ブルネイの12か国だが、TPPが成立する事でGDPで世界の40%を占める巨大経済圏が出来上がるが、その一方アメリカの離脱や各国の思惑もあり、現在は停滞をしている。また各国の関税撤廃や削減に留まらず、政府調達、モノ、投資、知的財産など幅広い分野で約1500ページに及ぶ共通ルールとなっています。

この記事を読んでいる人に人気の記事