SMM

皆さんは普段SNSをどのくらい見るでしょうか?今や世界中で10億人ものユーザーを優に超える数の人がSNSを利用する時代になっています。
そして、空き時間にスマホをいじっている時にふと流れてくる広告が目につく事はないでしょうか?検索して出てくる広告とはまた違ったユーザーに向けての告知となりますが、今後は企業活動をする上で欠かせないものになってきますので、今回はSMMについてご紹介いたします。

SMMの意味とは

SMMは「Social Media Marketing」の略語です。いわゆるSNSを使ったマーケティング手法の事を言います。膨大なWEBマーケティングの施策のうち、集客に関して大きく分けると、SEOPPC、SMMの3つに大別することが出来ます。SEOはいわゆる自然検索最適化です。PPCはYahoo!、Googleをはじめとする広告、そしてSMMがソーシャルメディアになります。今後の企業の広報活動はこれらの大別した3つに分かれている施策を組み合わせて行っていく事になります。

SMMの由来

SNSの急激な発展・拡大に伴い、現在では10億人を超える人が利用しています。
それより前に存在していたリスティング広告などに関しては基本的にユーザーの中である程度ニーズがハッキリとした段階で検索を掛けてくるユーザーに対してテキストやバナーで広告を配信していました。
一方のソーシャルメディアでは、何気なく見ているSNSの画面にふと広告が混じっているという設定になるのでユーザー層が異なります。

SMMの文章・例文

例文1.SMMを活用して自社の将来のお客様になる見込み客をたくさん作っておく
例文2.全世界に10億人のユーザーがいる昨今において、SMMの存在意義が少しずつ高まりだしている
例文3.少額から始められるSMMは上手く活用すれば大量の企業PR用DMを送っているのと同じである
例文4.潜在意識で自社の商品について気になるお客様にSMMを使ってPRをする
例文5.SMMは上手く使えば未開拓のお客様を囲い込める重要なツールとなる
検索エンジンで上位に表示させたり、PPCで予算を割いていくという点に関しては、かなり既存のライバルが占めているため、もし新しく参入していくのであればむしろSMMの方が効果を見込める可能性は高い。

SMMの類義語

SMMと同じくお客様に自社の事を知ってもらうために使用する集客手段として、代表的なものがSEOとPPCになります。

SMMまとめ

いかがでしたでしょうか?
特に新規でこれからやっていくのであればSMMは有効に利用していきたいツールになりますので、しっかりとその種類や各媒体でどんな特徴があるのかを調べたうえで利用することが大切です。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事