SDGsを意識することで世界は平和になる

SDGs(エスディージーズ)

皆様は「SDGs」という言葉はご存知でしょうか?ニュースなどでよく耳にする言葉で、国連サミットで採択された世界規模の目標として扱われています。今回はそんな「SDGs」について徹底的に解説していきます。

[adstext]
[ads]

SDGsの意味とは

「SDGs」とは、"Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)"の略称で2015年9月に国連サミットで採択された国連加盟国193カ国が2016年から2030年をかけて達成するために掲げた目標になります。17個の目標に対しそれぞれ約10個のターゲット(合計169個)に分かれており、主に貧困、環境問題、差別、平和といったトピックで掲げられています。
認知を広めるために、バッジやカードゲームを作ったり、アニメを作成したりして訴求を行っております。
17の目標
・貧困をなくそう
・飢餓をゼロに
・すべての人に健康と福祉を
・質の高い教育をみんなに
・ジェンダー平等を実現しよう
・安全な水とトイレを世界中に
・エネルギーをみんなに そしてクリーンに
・働きがいも 経済成長も
・産業と技術革新の基盤を作ろう
・人や国の不平等をなくそう
・住み続けられるまちづくりを
・つくる責任 つかう責任
・気候変動に具体的な対策を
・海の豊かさを守ろう
・陸の豊かさも守ろう
・平和と公平をすべての人に
・パートナーシップで目標を達成しよう

SDGsの由来

国際会議で初めて開発目標を掲げたのが1990年代で、2001年に「SDGs」の前身となる「MDGs(Millennium Development Goals:ミレニアム開発目標)が採択されました。
このMDGsは2015年を目標達成期限としており、2000から考えると10億人以上が極度の貧困を抜けられたことや子供の死亡率が半分以下になったことから、大きな成果を得られることが出来ました。
そこで国連が主導で2016年から15年間新たな目標として2015年に新たに目標を設定し、採択されたのが「SDGs」となります。

SDGsの文章・例文

例文1.2030年までに世界で達成するべき目標としてSDGsがある。
例文2.SDGsに参加している加盟国は193カ国である。
例文3.SDGsには「つくる責任、つかう責任」という目標があるため、今後のプロジェクトにはフードロスをしないように企画しよう。
例文4.人々はSDGsの取り組みによって紛争や暴力のない世界を望んでいる。
例文5.SDGsが採択されてから、日本でもLGBTなどのジェンダー教育が認知されてきた。
「SDGs」は

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

SDGsの会話例

  • 質問者アイコン

    これからは我が社も働き方の方針を変えようと思っている。

  • 回答者アイコン

    はい、どういった方針でしょうか?

  • 質問者アイコン

    現在世界全体がSDGsの目標に向けて動いている。その中の「働きがいも、経済成長も」という目標をもとに、働き改革としてリモートワークの徹底を進めていくつもりだ。そのために社員今の働きがいについての調査をお願いしたい。

  • 回答者アイコン

    わかりました!早速社内調査を進めていきます。

「SDGs」を用いた会社での日常会話です。

SDGsの類義語

「SDGs」の関連する言葉として、「MDGs」「サステナビリティ」などがあります。

SDGsまとめ

今回は「SDGs」という言葉について詳しくご紹介していきました。
「SDGs」の目標をひとつひとつ見ていくことで日本の当たり前が他国になかったり、その逆もあることが分かります。
このように自分や国を見直すべき時代なのかもしれませんね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事