QDレーザ(きゅーでぃーれーざ)

「QDレーザ」とは「半導体レーザ技術の先駆者として医療や福祉分野での成長が期待される富士通傘下のベンチャー企業」です。日本が誇る世界規模のベンチャー企業の代表でもあり、経済誌や投資雑誌などでは注目企業として取り上げられる事も多く、何かと話題を集めています。近年は株価が低迷気味ですが、それでも大化けするのではと期待を持たせるのはレーザ技術という最大の強みがあるからでしょう。

[adstext]
[ads]

QDレーザの意味とは

「QDレーザ」の意味は以下の通りとなります。
(1)最先端半導体レーザ技術で注目される富士通研究所のスピンオフベンチャー企業の名称。
(2)近年何かと経済界を騒がす半導体関連のベンチャー企業で、半導体レーザ技術による通信や量子ドットやレーザアイウェア事業などで将来的な飛躍が期待されている。
「QDレーザ」は半導体レーザ技術で将来の成長が期待される富士通傘下のベンチャー企業です。代表取締役社長・菅原充氏によって2006年に創業され、半導体レーザの一種である「量子ドットレーザ技術」の通信やレーザ加工などが医療・福祉現場で活用され、新しい経済発展に繋がると将来性を高く期待されています。一方、これだけ期待をされ続けているにも関わらず近年の株価は緩やかな右肩下がりが続き、その為に悪い意味でも投資家から注目を集めています。株価下落の理由としては決算内容の悪さと円安の為替相場の影響とされますが、将来性に対して期待ほどではないのではと不信感を持たれてしまっているのも事実です。しかし、最新技術を導入した製品化に成功すればその革新性に対して市場も掌を一瞬で返すのが相場なので、再び躍進し株価が上昇するのも容易に想像できます。また、レーザ技術は視覚弱者の網膜に映像を描き出す医療機器として、持続可能な「サステナビリティ」からも注目されています。

QDレーザの由来

「QDレーザ」の由来は「光通信用量子ドットレーザ」の英語表記「Quantum Dot LASER」の頭文字から取られました。2006年4月に富士通と三井物産によってベンチャー企業として設立され、2010年9月に量子ドットレーザの実用量産化に世界で初めて成功し、2021年2月にマザーズ市場に上場、2022年4月20日現在の時価総額は約200億円です。

QDレーザの文章・例文

例文1.QDレーザは将来が期待されている成長銘柄なので、それ故に掲示板の書き込みには様々な屈託のない意見が飛び交う。
例文2.QDレーザが黒字化し商品が医療分野などで実績を積んだ頃には株価は相当高くなっているだろう。
例文3.株に詳しい友人はQDレーザなど新興銘柄よりも大企業を勧めてくるが、正直どうすれば良いのか素人の俺にはまったく分からない。
例文4.経済専門誌を読んでいたら、QDレーザの社長のインタビューが掲載されていて興味深い内容に感心した。
例文5.日本企業はQDレーザを始めとしてもっと世界から注目を集めるべき実力を持っているが、それを上手くアピールできないのが欠点となっている。
「QDレーザ」の将来性などについての例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

QDレーザの会話例

  • 質問者アイコン

    明日も早いし、そろそろ寝るよ。

  • 回答者アイコン

    私はこのテレビが終わってからにするわ。今丁度、QDレーザの社長のインタビューをやっているのよ。

  • 質問者アイコン

    この人って確か、半導体レーザ技術の会社の社長だよね?

  • 回答者アイコン

    そうそう。インタビューで私の心に響くものがあったら、明日QDレーザの株を買おうと思っているの。

個人投資家の妻とその夫の会話となります。

QDレーザの類義語

「QDレーザ」の類義語として、同様の半導体関連企業として「オキサイド」「シキノハイテック」などの言葉が挙げられます。

QDレーザまとめ

「QDレーザ」は最先端の半導体レーザ技術に特化したベンチャー企業で、その高い将来性から株価の動向が市場関係者や投資家から大変注目をされています。今後は医療分野などで如何にして商品を実用化させ導入・普及させるかが鍵となり、状況次第では飛躍的に成長を遂げる可能性も十分にあります。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事