Python

Pythonとは今一番注目されている言語です。Python自体は前からある言語なのですが、近年とても人気があり、プログラミング言語を学習しようと思っている方にはオススメの言語です。またコードが非常にシンプルな作りになっているので、すんなり入りやすい所がオススメ出来る理由の1つでもあります。

Pythonの意味とは

Pythonは「パイソン」と読みます。英語の蛇のパイソンと間違われる事もありますが、エンジニアやIT業界の用語として「パイソン」と言えば、Pythonを指します。
Pythonは汎用のプログラミング言語であり、とてもコードがシンプルでわかりやすいという特徴があります。Pythonには多くのライブラリがあり、用途も様々です。ゲームやWebアプリケーション、機械学習などをPythonによって作ることができるのです。ライブラリを使えば、もともと役に立つプログラムがまとまっているので、エンジニアは開発により集中できるというわけです。

Pythonの由来

Pythonの由来は、テレビ局 BBC が製作したイギリスのコメディ番組である『空飛ぶモンティ・パイソン』であるとされています。その題名からPythonはつけられ、今に至るという訳です。

Pythonの文章・例文

例文1.機械学習をPythonを使って行う
例文2.深層学習をするためにPythonを勉強する
例文3.Pythonのコードはシンプルで読みやすい
例文4.ゲームをPythonを使って作る
例文5.WebアプリケーションをPythonというプログラミング言語を使って作成する

Pythonの関連語

Pythonの関連語としては「Ruby」、「PHP」などがあげられます。

Pythonのまとめ

Pythonは、今とても人気がある言語です。将来性もあり、機械学習や深層学習にも用いられるので大学の講義でも取り扱うことが増えてきています。YoutubeやInstagramなどはPythonが使われており、幅広く使用されていることがわかります。Pythonのライブラリは色々な種類があり、TENSORFLOWやDJANGOなどがあります。主にTENSORFLOWはGoogleの機械学習ライブラリあり、DJANGOはWebアプリケーションの作成に使用されています。Pythonの強さである豊富なライブラリを生かして開発に取り組んでみてはいかがでしょうか。

この記事を読んでいる人に人気の記事