MRは最新技術の結晶だ

MR(mixed reality)

テレビモニターはモノクロからカラーへ進化しました。さらに映画では、平たいモニターから3Dへ、4DXへと次々に進化を遂げています。メディアでも多く話題になっていることから、みなさんも一度は耳にしたことがある最新技術は「VR (virtual reality)」ではないのでしょうか。実はさらに進化したMRという新技術の研究がすでに進められて応用されています。一体、MRとはどのようなものなのか、解説をしていきます。

MRの意味とは

MR (mixed reality)は、日本語で訳すと複合現実と呼ばれています。よくSF映画で何もない空間にモニターが写し出され、主人公が指一本で操作をするなんてシーンを見たことはないでしょうか。それを再現しているのがMRなのです。現実の世界でMR専用グラスをかけることで、新たに追加されるものと交わった世界を体験することが出来、立体感を感じることが可能です。この機能はAR (Augmented Realit)とよく似ていますが、例えばARでは画面越しにゾンビを見ることしかできません。よってARゲームでは、こちらへ向かってくるゾンビを退治することしかできませんが、MRゲームが実現すれば背後へ回って退治することも可能になります。

MRの由来

MRは(mixed reality)と呼ばれていますが、ミックスをされたものが似た類である「VR(virtual reality)」と「AR(Augmented Realit)」なのです。実際に目の前にあるものはリアルな空間ではなく、拡張されて作られている仮想の空間で混じり合うことで新しい技術として位置付けられています。

MRの文章・例文

例文1.MRでポケモンGOが出来たら楽しそうだ
例文2.もしMRが一般化すれば寝ながら好きな場所でテレビを視聴できる
例文3.MRは医療技術の勉強に役立ちそうだ
例文4.好きなアイドルがMR技術で目の前にいたら嬉しい
例文5.MRがあれば部屋を図ることなく大型家具を購入出来るだろう

MRの類義語

MRの根本的な技術は、「VR(virtual reality)」と「AR(Augmented Realit)」ですが、他にも壁に映し出される映像で本物かのように感じることのできる「没入型デジタル環境」や人々の心を動かすプロジェクションマッッピングに使われている「プロジェクター」なども共通する部分があるのではないでしょうか。

MRまとめ

研究の段階でもあるMR機器は現在、企業向けにしか販売していないために一般人が購入することは残念ながら出来ません。技術者がトレーニングをリアルに近い環境で出来るということは、スムーズなスキルアップを目的として注目をされています。最近では、アミューズメントパークに登場していることもあり、一般向けのMRが販売される日もそう遠くはないでしょう。そのためには装着するグラスの軽量化や誰もが手の届く価格へのコスト削減など大いに期待をしたいですね。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事