MCTオイル(えむしーてぃーおいる)

MCTオイルとは、中鎖脂肪酸という成分100%の、自然由来の油のことです。美容やダイエット効果があるとして、最近よく注目されるようになったMCTオイルですが、カロリーやエネルギー補給などの効果もあることから医療などでも用いられています。それでは今回は、そんなMCTオイルについて解説していきます。

[adstext]
[ads]

MCTオイルの意味とは

MCTオイルは、中鎖脂肪酸という成分を100%生成した油です。
普段接種をする油には、中鎖脂肪酸の他に「短鎖脂肪酸」「長鎖脂肪酸」などがあり、これらは構成する炭素の長さでそれぞれ分けられています。炭素2~4個から構成される短鎖脂肪酸は、主に牛乳や乳製品などに含まれています。MCTオイルなどを含む中鎖脂肪酸は炭素8~12個から構成されており、MCTオイルの他にはココナッツオイルやパーム油、母乳やヤギ乳などに含まれています。長鎖脂肪酸は炭素14個以上から構成されるもので、オリーブオイルやキャノーラ油など、油として販売されているものですね。
MCTオイルの特徴として、中鎖脂肪酸100%のため、長鎖脂肪酸に含まれる一般的な油と比べ炭素の鎖が約半分と短く、長鎖脂肪酸と比較しても速く分解吸収されます。そのため、短期間でエネルギーになりやすいという特徴があります。MCTオイルは医療でも用いられており、たんぱく質などの栄養素の接種があまりできない患者に、高カロリー高エネルギーとしてすぐに摂取できることで注目されています。また、美容やダイエットにも効果があると言われており、MCTオイルを含むドレッシングなどの食品も販売されています。MCTオイルは加熱をすると効果が薄れてしまうため、そのままコーヒーやサラダなどに少しかけて摂取することを推奨されています。

MCTオイルの由来

MCTオイルは「Medium Chain Triglycerideオイル」が元々の表記となっています。原材料は、ココナッツの種子、もしくはパーム(アブラヤシ)から採取されており、どちらも中鎖脂肪酸100%で生成されているのが特徴となっています。

MCTオイルの文章・例文

例文1.美容のために毎日コーヒーにMCTオイルを入れて飲んでいる。
例文2.ダイエットの一環でMCTオイルを接種していたら、本当に効果が表れてきた。
例文3.MCTオイルとオリーブオイルなどの一般的な油の違いが良くわからない。
例文4.医療の現場でもMCTオイルは注目されているようだ。
例文5.エゴマオイルの流行に続き、MCTオイルも健康愛好家の間でブームになるのではないか。
MCTオイルを使った例文になります。健康や美容愛好家の間で密かにブームとなりつつあるようです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

MCTオイルの会話例

  • 質問者アイコン

    最近ダイエットのひとつでMCTオイルを接種するようにしたんだ。

  • 回答者アイコン

    そうなんだ。でもMCTオイルって油だから、摂りすぎると逆に太っちゃうんじゃないの?

  • 質問者アイコン

    確かに、糖質とかと一緒だとあんまり意味ないみたいだね。コーヒーとかに入れて飲んでるよ~。

  • 回答者アイコン

    効果あるといいね。ダイエット頑張ってね。

ダイエットでMCTオイルを使っているという話をしている様子です。

MCTオイルの類義語

MCTオイルの類義語は、「中鎖脂肪酸」「ココナッツオイル」などがあげられます。

MCTオイルまとめ

MCTオイルとは、中鎖脂肪酸100%の油で、ダイエットや美容だけでなく、医療などでも使われている今注目の油です。もしダイエットや美容などで興味があれば、試してみると良いかもしれません。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事