JKリフレ

女子高生による一部過激な性サービスなどが社会問題となっているのが「JKビジネス」で、その中の簡易サービスが「JKリフレ」となります。
東京や大阪など大都会を中心に、一部の小遣い稼ぎの女子高生と中高年の男性客の欲求がマッチした新手のビジネスで、その裏には反社会的勢力も密接に関係している事で、警察としても年々取り締まりを厳しくしている。

JKリフレの意味とは

「JKリフレ」は、女子高生による”リフレクソロジーサービス”を略したものです。”リフレクソロジー”は、本来はアメリカ発祥で台湾などで人気の「足裏マッサージ」という健全なサービスです。
しかし、日本では指圧やマッサージ業など正式なお店がある一方で、現役女子高生や同年代女性がメイド服で行う「JKリフレ」として秘かな人気となり、次第に社会問題にまで発展していくようになりました。
そこには、女子高生などにマッサージとは言えサービスを行わせる道義的な問題もありますが、より過激なサービスをする事で人気店となり大金を稼ぐようになったからです。18歳未満が性的サービスをする事も現実にはあったようで、これは児童買春に当たる事で、警察も本腰を入れて対応するようなったのです。
18歳以上の女性がメイドや女子高生の恰好でサービスをする分には問題ないですが、現役女子高生だと風営法違反にもなります。しかし、摘発が未だに繰り広げられるのは、グレーゾーンという見分け難い面や稼ぎたい女子高生が多く、それを求めるお客である男性が後を絶たないからです。

現在は少しずつ業態を変化させて、秋葉原などを中心にして店舗がいくつも存続しています。これらは、JKリフレというカテゴリーでも、その中身は本当に様々で、マッサージやハグだけを売り物にしていた頃とは違います。
そこでは本当の現役女子高生がいるのか? またどんなサービスを行っているのか? 裏オプションがあるのか? 派遣型は何をするのか? など一般人には分からない点がありながらも、未だに営業をし続けています。

JKリフレの由来

諸説ありますが、2000年代中頃から秋葉原などを中心に女子高生を売り物にしたビジネスが流行りはじめ、その当時は現役女子高生ではなく、大半が18歳以上だったともされています。そこには、秋葉原ならではのフィギュアや美少女キャラが人気という一面も無視できず、それ目当てのお客が若い女性が憧れの女子高生ファッションで、ハグや耳かきなどの軽いサービスをするので人気になるのも当然なのでしょう。
それが、現役女子高生が小遣い稼ぎで入り始め、正規の店では30分数千円でも、裏的な店になると過激な性サービスがオプションとして備わるので価格も数倍以上となります。それでも、男性客は本物の女子高生がいるという情報を頼りに、高額店でも散財するようになります。

JKリフレの文章・例文

例文1.JKリフレは限りなくグレーゾーンのビジネスだ
例文2.警察の介入が後を絶たないJKリフレ
例文3.反社会勢力の資金源となるJKリフレ
例文4.健全なJKリフレ店も一部ではあるようだ
例文5.今後もJKリフレの名称を変えて残っていくだろう
JKリフレは悪いイメージが付き纏う言葉なので、どうしても例文もこのようなものになってしまいます。また、”JK”や”JC(女子中学生)”が付くと、それだけで性的な表現を含ませていると思われるのが、現状です。

JKリフレの類義語

JKリフレの類義語には、「JK1」「JD(女子大生)」「援助交際」などの言葉が挙げられます。

JKリフレまとめ

女子高生や同年代女性が、男性客に性的な意味も含めてマッサージなどを行うのがJKリフレです。そこには、男性客の性的欲望、女子高生など若い女性の小遣い欲しさ、それを利用して儲ける裏社会組織など三者三様が、それぞれの目的で一致しているのが根深い問題で根絶が難しくなっています。
何より、「JKリフレ」という言葉には問題がないので、それだけで取り締まりを行う事はできません。若い女性が働いているからと、それを毎回一人ひとり年齢確認をするのも非現実的なので、今後も警察とのいたちごっこが続くでしょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事