IMF

中学や高校の教科書」にも登場してくる経済用語のひとつに「IMF」という重要ワードがあります。世界経済の安定を鑑みたときに、欠かすことのできない存在がIMFです。IMFの正しい意味や適切な例文について一緒に見ていきましょう。

IMFの意味とは

IMFの和名は「国際通貨基金」となります。国際通貨基金が産声をあげたのは194年のこと。第二次世界大戦後の不況から、どのように立ち上がっていくか各国が知恵を出し合った結果生まれたものです。世界経済の心臓部でもある、アメリカ・ワシントンにIMFの国際本部が置かれています。

IMFの由来

IMFは英語で「インターナショナル・マネートリー・ファンド」といいます。英語表記は「International Monetary Fund」となります。1944年にアメリカ国内で開かれたウッズ会議にて、IMFの設立が合意されました。世界の中央銀行の働きを監視して、必要によっては助言をおこなう責務が課せられています。

IMFの文章・例文

例文1.世界の為替相場の安定のために、IMFの活動は続けられています
例文2.IMFのもっとも重要な国際会議は、秋におこなわれています
例文3.IMFは経済活動の一環として、国難を抱えているギリシャに査定に入った
例文4.世界経済をマクロに見てみると、IMFの存在意義はとてつもなく大きい
例文5.日本のIMFへの加盟は、昭和20年代におこなわれた
IMFの加盟国は現在180カ国を超える規模にまで、発展しています。世界トップレベルの銀行とともに、IMFがどんな未来予想図を描いていくのか…世界のCEOたちが注目を続けています。

IMFの類義語

IMFの類義語として「国際通貨基金」「国連のオフィシャル機関」などの名前が挙げられます。IMFに加盟している国それぞれの為替相場をチェックして、均一のとれたマーケットに導いていくことがIMFの任務です。

IMFまとめ

ギリシャやイタリアなど経済的に貧窮した国に対して、適切な経済支援をおこなうこともIMFの大切な役割のひとつです。中央銀行のボスのような役目を果たしているIMFですが、中国経済の雲ゆきが怪しくなる今、今後どのような舵を切っていくのか世界中が注目を続けています。昨今では理事を務めるドミニク氏の女性スキャンダルが明るみになり、IMFに対する世間の風あたりも厳しくなっています。調和の取れた世界経済と、安定した為替相場の発展のためにも、IMFには強いリーダーシップが求められています。

この記事を読んでいる人に人気の記事