FIREしている人のようす

FIRE(Financial Independence Retire Early)

終身雇用形態が崩れ、会社などで転職や早期退職が進められています。そんなときに注目したいのが「FIRE」という言葉です。FIREムーブメントという言葉は1960年からありましたが、日本で有名になったのはここ最近です。それでは、この「FIRE」という概念はどういったものなのでしょう。

FIREの意味とは

FIREの意味とは、早期退職することで労働をせず、経済的には貯蓄や株などの運用資金によって自立していることを言います。

FIREの由来

FIREという言葉の概念が生まれたのは、前述したとおり1960年ごろからあり、1992年にはアメリカで出版された本の「Your Money or Your Life」にて触れられています。
早期退職と貯蓄率については2010年の「Early Retirement Extreme」に由来していると言われています。

FIREの文章・例文

例文1.FIREムーブメントの波に乗り、早期退職して理想の老後生活を楽しみたい
例文2.このFIREという考えは、富裕層にしかあてはまらないという批判もある
例文3.FIREによって、貯蓄が足りなくなった時には再就職が難しくなってしまう
例文4.終身雇用が崩れている昨今にとって、このFIREは時代に即している
例文5.FIREによって、会社の上層部の年齢層が変わるかもしれない
終身雇用に甘んじていた年代にとって、この考え方はとても受け入れがたいものでしょう。

FIREの会話例

  • 質問者アイコン

    最近、終身雇用という言葉も時代遅れになってきているね。上司も早期退職したんだって?

  • 回答者アイコン

    FIREっていう考え方に沿って貯蓄計算したら、これからは労働しなくてもよいくらい貯蓄がたまっていたから早期退職したそうよ。

  • 質問者アイコン

    僕は仕事人間だから、できるだけ仕事していたいからその考えはよくわかんないな。

  • 回答者アイコン

    あなた、「仕事と彼女どっちをとるのか」っていわれたときに仕事って言ったんだっけ?

今まで終身雇用しか選択肢になかったのがこうしていろいろ選べるようになってきているのはうれしいことですね。

FIREの類義語

FIREの類義語として、「4%ルール」や「ノマド」「ジプシー」「BOBS」が挙げられます。

FIREまとめ

日本では、最近話題になってきている言葉ですが、アメリカではすでにそのフェーズは終了しています。国際的にみても、日本の社会には根強い倫理観などが存在しているのが現状です。
グローバル化の動きが大きくなればなるほど、日本という国に根付いた不規則な規則が露呈していきます。それに適応するか、それとも懐古主義のようになるかは、あなたしだいです。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事