Bluetoothのロゴ

Bluetooth(ぶるーとぅーす)

「Bluetooth」という言葉を聞いて、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?イヤホンやスピーカー、マウスやキーボードなど最近は様々なところでBluetoothが使われていますね。今回は「Bluetooth」について詳しく解説をしていきます。

[adstext]
[ads]

Bluetoothの意味とは

「Bluetooth」とは、無線通信の規格のうちの1つです。「無線」ということで、「Bluetooth」に対応した電子機器同士は、ケーブルを接続しなくてもデータのやり取りをすることができます。
Bluetoothの有効範囲は約10m以内で対応機器1台に対して1台の通信、つまり1対1の近距離での通信が基本的です。また、他の無線通信規格の1つに皆さんが日常的に使用している「Wi-Fi(わいふぁい)」がありますが、「Bluetooth」との違いは3つあり
・複数の機器を同時に接続させることが得意
・通信速度が速く、大量のデータ通信が得意
・有効範囲が広い
というようなことが挙げられますが、消費電力やデータ量が大きいという問題もあります。
対して「Bluetooth」は通信速度や有効範囲は「Wi-Fi」と比較すると劣ってしまいますが、消費電力が少ないためマウスやキーボード、イヤホンといったデータ量が小さく長時間使用する機器に導入することができるのです。

Bluetoothの由来

「Bluetooth」は「Blue」と「tooth」に分解すると「青い歯」と訳すことができますが、なぜ「青い歯」なのでしょうか?

それは、ある王様に由来します。10世紀にデンマーク王の「ハーラル1世」という王様がいました。彼は「青歯王」の名で知られ、デンマーク全域を統一し、さらにノルウェーを無血統合した功績をもちます。そして、このハーラル1世の政治に見立て「乱立する無線通信を統一してやる!」という思いから「Bluetooth」という名前が生まれました。また、よく目にする「Bluetooth」のロゴも「青歯王」に関係しているようです。

Bluetoothの文章・例文

例文1.Bluetoothを使ってカーナビにスマートフォンを接続し、音楽を流すこともできる。
例文2.BluetoothスピーカーはBluetoothの有効範囲内であれば好きな場所から音楽を流すことができる。
例文3.Bluetoothのマウスに買い替えたら、ワイヤレスで作業効率が上がった。
例文4.自撮り棒にはBluetoothが搭載されているため、遠隔で端末のシャッターボタンを押すことが出来る。
例文5.Bluetoothを使ってテザリングをする。
近い将来、有線での通信がなくなるかもしれませんね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

Bluetoothの会話例

  • 質問者アイコン

    Bluetooth搭載のワイヤレスイヤホン買っちゃった~!これでイヤホンのコードが絡まることもないよ!

  • 回答者アイコン

    Bluetoothはストレスフリーだし本当に便利だよね。

  • 質問者アイコン

    うん。でも有線と違ってワイヤレスのイヤホンは定期的に充電しないといけないんだ。ちょっと面倒だな・・・。

  • 回答者アイコン

    充電するのを忘れて使えないときの絶望感は味わいたくないね・・・。

ワイヤレスイヤホンはとても便利ですが、イヤホンコードがないため紛失のリスクも高いので要注意です。

Bluetoothの類義語

「Bluetooth」の類義語には同じ無線通信規格の1つである「Wi-Fi」があります。

Bluetoothまとめ

今回は「Bluetooth」について解説をしていきました。「Bluetooth」のイヤホンやスピーカーはワイヤレスのためストレスフリーでとても便利ですよね。「Bluetooth」の通信規格の応用は、IT技術の発展により今後様々な機器のワイヤレス化が進んでいくでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事