顧客、競合、自社の3Cを表したもの。

3C(サンシー)

「3C」とは「コンサル業界の専門用語で、企業を顧客や競合(他社)や自社の立場から分析して問題点を発見し、新しい戦略を見つける策」です。順調に売上が伸びる企業もあれば、経営が難しくなる企業もありますよね。またどんなに順調でも、企業とは常に成長をしなければ後発企業から追い抜かれる恐怖もあります。そんな企業に対する冷静で的確、そして現状打破や未来へのチャンスともなる評価が「3C」なのです。

[adstext]
[ads]

3Cの意味とは

「3C」の意味は以下の通りとなります。
(1)コンサル業界の専門用語で、顧客を意味する「Customer」、競合の「Competitor」、自社の「Company」の3つ単語の頭文字からなる。
(2)顧客・競合・自社の英単語からなるコンサル業界の専門用語で、市場動向を調べたり競争戦略を活かす分析をする際に用いる。
(3)「スリーシー」とも読む。
(4)「3C分析」を略した言葉。
コンサル業界における「3C」とは「3C分析」の事で、市場や顧客の「Customer」、競合他者の「Competitor」、自社の「Company」を指し示す専門用語で、市場分析や競争・販売戦略を立てる骨組みとして使われています。要するに企業とは商品やサービスを提供するのが商売な訳で、そこでは客観的な立場に立って分析をする事がマーケティング戦略として求められるのです。顧客・競合・自社の視点からある種の俯瞰的に物事を把握すると、商品の強みや弱みだけでなく自社の組織力やイメージなどの物事を客観的に見れるようになります。云わばコンサル業界の常識や基本知識として、就職などの面接でも質問される事が多い「3C」ですが、近年は課題や限界があるともされています。それは、デフレによる商品の低価格化には独自性が発揮できなかったり、また結局は大企業のみ通用する論理となっているからです。今時はどこの企業でも「3C」は理解し実践しているものですが、それでも勝ち組企業と負け組企業に別れてしまうのは、時代の流れを掴む嗅覚や単純に運や勢いが大きく左右をするのも事実です。そのような欠点を改善する事から、現在はより発展させた競争戦略として「4C」(4C分析)や「5C」(5C分析)へとシフトしています。「4C」は「3C」にチャネル(集客)の「Channel」または協力者の「Co-operator」を合わせたもので、「5C」は「3C」に中間顧客の「Customer」と環境社会の「Community」からなります。

3Cの由来

「3C」の由来は、日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏が1982年に発表した著書「The Mind of the Strategist」となります。この本の中で「3C分析」を提唱し、その後は日本だけでなく世界にも浸透していきます。

3Cの文章・例文

例文1.3C分析を徹底研究して自営業を始めたが、開店して数か月でコロナショックに襲われ現在は開店休業状態である。
例文2.コンサル用語の3Cはマーケティング戦略の基本である。
例文3.今では企業分析の3Cが他のジャンルでも成功を収める策として認めれ、恋愛やスポーツなどで使われている。
例文4.3C分析は登場してから約40年が経ってしまったので、現代で使うなら独自にアレンジした令和バージョンとして応用すべきだろう。
例文5.株取引で成功した友人は、最初は失敗続きで何度も投資から足を洗おうと考えていたが、3Cに出会ってからは客観的に投資スタイルを再分析して大金を稼げるようになった。

様々な例で「3C」を使った例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

3Cの会話例

  • 質問者アイコン

    明日まで、3C分析の報告書を終わらせないといけないから、今夜は徹夜だよ。覚悟はいい?

  • 回答者アイコン

    えー、徹夜は流石に無理ですよ。

  • 質問者アイコン

    分かっているよ。冗談冗談。女性社員に徹夜はさせられないよ。パワハラで訴えられたらいけないし。

  • 回答者アイコン

    何かその言い方も刺があるんですけど…。

職場での同僚男女の会話となります。男性が3C分析の報告書作りの忙しさから徹夜になるという冗談をしたが、どうも女性と噛み合わないというやり取りです。

3Cの類義語

「3C」の類義語には、「SWOT分析」「PEST分析」「4P」などの言葉が挙げられます。

3Cまとめ

「3C」はコンサル業界で使われる専門用語で、顧客の「Customer」、競合の「Competitor」、自社の「Company」の頭文字からなり、それぞれの観点から分析を試みて販売戦略などに役立たせる事ができます。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事