麻薬捜査官のお手柄

麻薬取締官(まやくとりしまりかん)

テレビでは連日のように、麻薬の不法所持や密輸のニュースを目にしますが、これらを取り締まる「麻薬取締官」という職業があります。では、この「麻薬取締官」とはどういう職業なのか解説や言葉の使い方まで下記に記載します。

麻薬取締官の意味とは

麻薬取締官とは、厚生労働省の地方局に当たる地方厚生局に配置されている、麻薬取締部に配属されている人のことです。つまり、厚生労働省の職員ということになります。俗に「麻薬Gメン」や「マトリ」とも呼ばれます。その職務内容は麻薬取締や密輸ルートの解明など麻薬に関する管理になります。この麻薬取締官の人数は2016年時点で296人になります。
麻薬取締官はその性質上、大学薬学部出身の在籍者が多いが、採用要項の中には薬学部出身が必須という記載はないため、薬学部出身でなくても麻薬取締官になることができます。

麻薬取締官の由来

麻薬取締官の歴史は日本ではまだ新しく、2001年に中央省庁が再編される際に地区麻薬取締官事務所が医務局と統合し、地方厚生局の組織として発足したのが始まりです。

麻薬取締官の文章・例文

例文1.将来は麻薬捜査官になりたいと思っている
例文2.麻薬捜査官によって、また麻薬が摘発されたらしい
例文3.麻薬なんてものをもっていても、麻薬捜査官いて揮発されるだろう
例文4.麻薬捜査官の麻薬使用者を見つける目はすごい
例文5.いち早く麻薬を摘発できる、麻薬捜査官に憧れる
麻薬捜査官に憧れを持つような方は、おのずと言葉として使う機会が多いのではないでしょうか。続いて会話形式でもみてみましょう。

麻薬取締官の会話例

  • 質問者アイコン

    最近麻薬に関する話をよく聞くよね。

  • 回答者アイコン

    確かにね。
    でもその度に麻薬捜査官がしっかり捕まえてるからすごいよね。

  • 質問者アイコン

    実は密かに麻薬捜査官に憧れてて、将来は麻薬捜査官になりたいんだ!

  • 回答者アイコン

    入るのが大変そうだけど、頑張ってね。

会話例のように、麻薬捜査官に憧れを持つ方は多そうですね。

麻薬取締官の類義語

麻薬捜査官自体は厚生労働省管轄の組織ですが、別組織をあげるのであれば「警察官」「自衛隊」「消防士」といった職業も目的は違えど、類似する組織だとも言えますね。

麻薬取締官まとめ

実際に麻薬関連の犯罪も多様化してきているので、今後の麻薬捜査がどのように行われていくのかも期待のしどころと言えます。是非、麻薬捜査官とはどういう職業なのかを知るきっかけにして下さい。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事