遺産分割

遺産分割とは、相続人に該当する方々が話し合って遺産を分配することを指し示します。遺産を保有された方が亡くなられた時に、誰がどの遺産をもらい、どのように分けるのかを話し合わなくてはなりません。その手続きが遺産分割と言う方法になります。
遺産分割と言うと揉めてしまうイメージが強いと思います。正当な相続人以外にも外部から相続人であると言って主張する方が出てくる場合がありますが、出てきてしまった場合も含めて、極力裁判等にもつれ込まないように話し合いで円満に解決できるのが望ましいと思います。
また、よく遺言状と言うキーワードを耳にすると思うのですが、遺言が有れば、話し合いは不要で、その遺言に書かれている人に全て相続させると言うことが記載されているのであればその通りに、進めていけますので、遺産分割が発生しない形になり、そう言った意味では非常に気持ちが楽になると思います。

遺産分割の意味とは

遺産分割とは文字どおり、遺産を分ける意味になるのですが、遺産分割を実施しないとどうなるかと言う点について気になっている方もおられるかもしれません。もし遺産分割をしなかったら、預貯金がある場合は、いつまでも銀行に預貯金が残り続ける形になってしまいます。亡くなられた後で数日経過した場合は、親族でも引き降ろすことができなくなってしまいますので、やはり、早い段階で預貯金については、本人の同意を得て引き降ろすようにするか、遺書を書いておいてもらうのが一番望ましいと思います。
また不動産にも同様で放置しておくと、突然どこからともなく権利を主張した第三者が現れ、勝手に不動産を運用してしまうような可能性もありますので、財産管理は予め亡くなられる方を囲んで該当する親族を呼んで話し合うのが一番であると思います。

遺産分割の由来

複数の相続人の間で遺産を共有することですが、遺産分割の由来としては、遺産相続から派生した形になると思います。遺産相続人等の言葉と同様に遺産相続に関連する言葉と言う形で遺産分割が派生したものであると思われます。
遺産分割については、少子高齢化の社会でまた、超高齢化の社会で最近注目されている内容であると思います。

遺産分割の文章・例文

例文1.遺産分割をしたいが、連絡を取れない兄妹もいて、相続人が集まらなくて大変困っている、
例文2.遺産分割をするにあたり、相続税がどのように関係するのか全く分からないので弁護士に依頼した
例文3.遺産分割について兄弟と揉めたので、家庭裁判所に遺産分割調停を申し立てを行った
例文4.私は、遺産分割でのトラブルを避けるために弁護士に相談して力を借りることにしました
例文5.遺産分割の際に、長男が献身的に母の介護を実施してきたからと、遺産のほとんどを長男に譲ることにした
遺産分割については、やはり親族間で揉める事になってしまうケースが多い為、事前にしっかりと話し合いをしておくことが重要です。

遺産分割の類義語

遺産分割の類義語としましては、遺産分割協議が挙げられます。遺産分割協議では、遺産について、公式な場で親族同士で話し合うものであるとされています。

遺産分割のまとめ

遺産分割については、遺産が家一つしか無い場合と言うケースの方がほとんどであると思います。そのような場合に子供が多数居ると揉める原因の一つになると思いますので、極力遺言を残してもらうようにする方で無難であると思われます。私の家庭でも何年も連絡を取っていない兄弟がいますが、おそらくそのような形になってしまうのでは無いかと思いますので、帰省する度に両親に遺言のことについて少しづつ理解を深めていってもらう必要があるでしょう。

この記事を読んでいる人に人気の記事