進捗を確認しながら業務を積み上げる

進捗(しんちょく)

工場や作業現場だけでなくあらゆるビジネスシーンで、日常的に使われている言葉が「進捗」です。進捗状況、進捗報告、進捗遅れなど関連する言葉はいくつもあり、最近ではリアルタイム進捗管理が当たり前になっているほどです。そんな一歩社会に踏み出し仕事をするようになると、大抵の人に必ず付いてくる「進捗」について、詳しく調べてみました。

進捗の意味とは

「進捗」の意味は以下の通りとなります。
(1)物事の進み捗る事。物事が上手く進む具合。順調に仕上げるように進める。
(2)官位などを進め上らせる。
(3)別表記「進陟」も同義。
「進捗」の意味自体はとてもシンプルです。官位などが進む意味もありますが、一般的にはビジネスシーンにおけるある仕事の進み具合、作業状況などの確認で何かと使用される大変便利な言葉です。進捗率、進捗報告、リアルタイム進捗管理、リアルタイム進捗状況などそれぞれの現場によっていくつもの「進捗」を使った言葉が行き交いますが、要するにどれぐらい仕事や作業が順調に進んでいるか確認をしています。ですから、仕事状況、進行具合など別の言葉を使っても本来は意味が通じるのですが、日本においては「進捗」という言葉が好んで使われています。大企業のエリートサラリーマンから現場の作業員まで、共通のビジネス用語として認識すれば問題ありません。

進捗の由来

「進捗」の”捗る(はかどる)”は、物事や仕事が進む事という意味で、これだけでも「進捗」とほぼ同義となります。平安時代の頃に「はかる」として使われ始め、江戸時代になると現在の「捗る」という形になったとされています。

進捗の文章・例文

例文1.派遣で大手自動車会社の工場で働き始めたら、進捗確認や進捗報告が一日に何度もあって、当初は混乱しっ放しだった。
例文2.進捗確認を徹底すると、作業ミスも減り順調に進む。
例文3.入社したばかりの新人に進捗報告を徹底させるのも、大事な仕事の内である。
例文4.今ではネットでリアルタイム進捗確認ができるので、大分楽になった。
例文5.進捗具合の確認だけで一日が終わり、明日は上司から怒られるのを覚悟しないとならない。

「進捗」を使った、ビジネスシーンでありがちな文章例です。

進捗の会話例

  • 質問者アイコン

    どうしたの? 顔色が悪いし元気がないね。

  • 回答者アイコン

    最近仕事でトラブル続きで、新しいプロジェクトの進捗が思い通りに進まず、その改善を要求されているけど、実際どうしたらいいか分からなくて困っている。

  • 質問者アイコン

    相談できる人はいないの?

  • 回答者アイコン

    運良く仕事が順調にできて、それで周囲より早く出世したからそんな人がいないの。参ったな、どうしよう!

仕事のトラブルでプロジェクトの「進捗状況」も悪く、頭を抱える女性との会話です。

進捗の類義語

「進捗」の類義語には、「進行」「進出」「発展」「アドバンス」などの言葉が挙げられます。

進捗まとめ

「進捗」はビジネスシーンで日常的に使用される言葉で、物事が進み捗る事、物事の進み具合という意味で、要するに仕事や作業が順調に進んでいるかの状況確認となります。進捗率、進捗報告、リアルタイム進捗管理など似たような言葉がいくつもありますが、基本的にどれも同じようなもので、作業の進み率や作業の報告、現在状況の管理となります。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事