通貨オプション

通貨オプション(Currency options)

「通貨オプション」は投資を生業にしている者や専門家でもない限り、まず普通の人は理解していない言葉です。その名から投資用語とは察するでしょうが、通貨のオプション取引ではと予想は出来ても、その先には考えも及ばないものです。
身も蓋もない言い方なら、知らなくても日常生活で困る事はありませんが、投資をこの先に齧る予定があるなら、又は投資を知識として学習したいなら、知っておいて損はない言葉です。一流のビジネスマンや営業マンなどは知っている場合も多いので、その為の知識としてこの機会に理解をしておくのも良い事でしょう。

通貨オプションの意味とは

「通貨オプション」とは、デリバティブ取引の一種で、特定の通貨を定められた期間に定められた価格で売買する”権利”の取引となります。要するに、株価指数や国債などのオプション取引の一つに「通貨(オプション)」も含まれ、通常の為替取引が通貨の(受け渡し)取引であるのに対し、「通貨オプション」は通貨の将来的な売買する”権利”の取引となります。
さらにかみ砕くなら、取引をするのに必要とする資金が少なくても予想が当たれば利益が大きいのが「通貨オプション」で、為替取引よりも一攫千金のチャンスがあります。しかし、外れると投資金が全額没収や最悪の場合は損失が無限大に広がってしまいます。「通貨オプション」を含めたオプション取引は、利益と損失が状況によっては、通常の投資より拡大する可能性を秘めています。
「通貨オプション」の取引としては、
 ・コールオプションの買い
 ・コールオプションの売り
 ・プットオプションの買い
 ・プットオプションの売り
の4種類があり、それぞれの注文が通れば売買成立となります。

証拠金や手数料等々は、それぞれの証券会社によって違いがあり、また満期日などもあるので、その駆け引きなどが醍醐味となります。例えば、通常の為替取引でポジションを保有しつつ、反対に大きく動けば儲かる通貨オプションを仕入れておけば、万が一に世界を揺るがす暴落が発生しても儲ける事ができます。この様なリスクヘッジの観点から、「通貨オプション」はプロ投資家などに常に注目されています。

通貨オプションの由来

「通貨オプション」も含めたオプション取引は、古代ギリシャ時代が発祥とされる歴史ある投資となります。日本では江戸時代から先物取引が始まったとされ、その後は明治時代にオプション取引も導入されました。その後は戦前戦後で、オプション取引も浮き沈みを経験しましたが、昭和63年の証券法改正でほぼ現在の形態で落ち着き、その後はネット証券や取引が活発になると、オプション取引を扱う業者も増えていきました。

通貨オプションの文章・例文

例文1.通貨オプションは個人投資家でも可能だが、敷居が高いのも事実だ!
例文2.通貨オプションを始めるなら、FXや日経平均のオプション取引の方が分かり易い!
例文3.機関投資家などプロが行っているのが通貨オプションである。
例文4.通貨オプションをビジネスチャンスにする専門家もいる。
例文5.通貨オプションとFXは全く中身が違うと覚えておくべき。

投資用語は、どうしても説明口調の文章や例文となってしまいますが、常日頃使っている専門家などは、また違った言い方となっています。

通貨オプションの会話例

  • 質問者アイコン

    薄給だし、何か新しい投資を始めようと思っていて…

  • 回答者アイコン

    儲ける自信はあるの?

  • 質問者アイコン

    投資経験は少し自信があって、だから皆がやらない通貨オプションに興味があるの!

  • 回答者アイコン

    それって大丈夫? 素人は難しいんじゃないの!

新しく「通貨オプション」を始めようと思っている人と、投資に対し懸念を持っている人の会話の様子です。。

通貨オプションの類義語

「通貨オプション」の類義語には、「通貨スワップ」「為替スワップ」などの言葉が挙げられます。

通貨オプションまとめ

「通貨オプション」は、通貨売買の権利の取引となります。取引はコールやプットと呼ばれ、全4種類の売買法があり、FXや株取引よりも当選した際に一攫千金のチャンスがあります。しかし、失敗をするとリスクも大きくなるので、個人投資家や初心者には難しい投資となるのも事実です。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事