蹂躙には断固立ち向かう

蹂躙(じゅうりん)

経済新聞やテレビのニュースを聞いていて「この言葉って何かな?」と小首を傾げたくなる事もあります。蹂躙もそんな難しい表現のひとつ。蹂躙の意味や使い方をマスターして、一歩先ゆくジェントルマンを目指してみてください。

蹂躙の意味とは

蹂躙【じゅうりん】とは、強い人が弱い人の権利を侵害することを指しています。権力を悪い方に利用して、弱い者いじめを行う時によく用いられる言葉になります。人権侵害のニュアンスも含む言葉のため、あまり良い意味では使われない表現です。

蹂躙の由来

難しい読み方をする蹂躙ですが、フォーカスされるようになったのは「日本国憲法」が定められた時期です。日本国憲法には国民の基本的人権として、すべての人達が自由に生きる権利を定めています。人権蹂躙はあってはならないとする考えが、日本国憲法第11条にも定められていて、現在でもその平和的な考えが遵守されています。

蹂躙の文章・例文

例文1.ナチス政権下で、民衆やユダヤ人は蹂躙され続けた。
例文2.人権蹂躙の考えは、周りに与える影響も考えると、とてもリスクが高い。
例文3.女性を蹂躙する発言をしたことで、大臣は罷免された。
例文4.第二次世界大戦時、あちこちで人権蹂躙がおこなわれた。
例文5.蹂躙のない、平和な世の中を作っていきましょう。
グローバルで平和な世の中を作るためには、偏った考えを持たない事も必要になります。蹂躙は差別社会のない社会を作るために、あってはならない考え方なのかもしれません。

蹂躙の会話例

  • 質問者アイコン

    これからの社会は、どうあるべきですか?

  • 回答者アイコン

    1人1人が当たり前に暮らせる世の中を、目指すべきだと思うよ。

  • 質問者アイコン

    具体的に教えてください。

  • 回答者アイコン

    人権を蹂躙しない、暮らしやすい社会が理想だね。

とある財閥のパーティで、繰り広げられている会話。業界のキーマンに対して、記者風の若手が質問しています。人権蹂躙のない世の中になること、それが日本繁栄のキーワードなのかもしれません。

蹂躙の類義語

蹂躙の類義語として「侵害」「侵略」「侵犯」などがあります。どれも権力者や国家が、市民や弱者の権利を踏みにじるようなシーンで使用されます。

蹂躙まとめ

蹂躙には踏みにじる、破壊するなどの暴力的な意味が込められています。色々な人の価値観を認め、時には弱い人の立場に立って物を考えることが出来るのが、リーダーに求められるべき力。蹂躙に頼らない政策・国づくりが今後の日本に求められています。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事