財産三分法の収益を見極めている

財産三分法(ざいさんさんぶんぽう)

投資において、この言葉を聞くことがあるのではないでしょうか。投資にもさまざまものがあり、リアルタイムでその損益がわかるようになり、投資に対してのハードルも低くなってきました。
ネットがあればその様子も確認できるようになった今に関していえば、ネットさえあれば莫大な収入を得られるチャンスと言ってもいいでしょう。では、この「財産三分法」という考えた方とはどういったものなのか見てみましょう。

財産三分法の意味とは

財産三分法とは、投資対象を国内株式、国内不動産、先進国海外債券、高金利海外債券の4つをある割合にて固定して安定的な資産成長を図るものです。
もともとは、リスクのない金融資産と不動産オーナーとしての不動産、有価証券をもって三文法としていましたが、海外債券なども盛り込んだ前述の意味のほうが主流となっています。

財産三分法の由来

「不動産」「債権」「株式」の異なる資産に分散投資を行うことによって、高いインカム収益の確保を図り、安定した信託財産の成長をめざすといった考え方です。

財産三分法の文章・例文

例文1.財産三分法ファンドによって、損をする可能性も十分にある。
例文2.この財産三分法には、海外債券というリスキーなものも含まれている。
例文3.財産三分法には、リスクが低いものと高いものを組み合わせることによって、利益をだす。
例文4.安定的なことが売りの財産三分法だが、それは本当に正しいのか疑問だ。
例文5.年金問題などが山積していることからも、財産三分法によって投資をすることも考えたほうが良い。
財産三分法のような割合で投資を行うことによって、収益が安定的に入ることになるかもしれません。。

財産三分法の会話例

  • 質問者アイコン

    年金問題などもあるから、投資をしようかと思っているんだけど、何がいいのかな?海外債券とかなら、高い収益が見込まれる可能性があるらしいけど…

  • 回答者アイコン

    そうね、でもそれだけリスクが高いこともちゃんと理解していたほうがいいわよ。

  • 質問者アイコン

    うーん、怖いな。攻めたほうがいいのか、守りに入ったほうがいいのか…

  • 回答者アイコン

    財産三分法とか参考にしてみたら?最近は世界情勢も緊迫しているし、いろいろ調べてみたら?

アメリカに対する動きに注目が集まっている世界情勢となっています。海外債券を買う際には、こういったことにも気を付けてみてください。

財産三分法の類義語

財産三分法の類義語として、「ヘッジファンド」などがあげられます。

財産三分法まとめ

年金問題などによって、長寿命化した際の財産をどのように確保するのかが問題となっています。この動きを受けて、「確定拠出型年金」などに加入をすすめる会社なども多くなってきています。
高齢化社会となったことによる問題は、まだまだありその対応策を政府が講じているのかは疑問が募ります。しかし、むやみやたらに投資をしてもうまくいかないのが道理です。
これを機に投資について調べてみてはいかがでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事