経済指標

株やFX取引を熱心に行っている方には、最早無くてはならない、有って当たり前の情報源ですが、これらの投資をを行っていない人には、景気判断の単なるニュースや話題、或いは失業率を知る切っ掛けの一つとしか機能していないのが、「経済指標」の実情です。
正確には「経済指標」とは、日本だけでなく主に欧米先進国や中国などの各国政府が発表する、「経済状況の指標」となります。
そこには、失業率やGDP(国内総生産)などが含まれるので、現在の景気判断へと繋がります。よって、発表されると株価や為替が大きく変動する事もあり、金融機関や投資家などが発表される瞬間を固唾を飲んで見守っています。

経済指標の意味とは

各国政府や経済の省庁が発表する、現在の経済動向を知る上での目安となる指数が「経済指標」です。株・為替・先物など金融商品の取引を行う人ほど、経済指標を重要視しています。

なぜなら、経済指標の発表がそれぞれの投資の相場に影響を与えるので、発表後に値動きが激しくなるからです。仮に、現在のポジションと同じ方向に大きく動けば利益となりますが、反対に動けば損失が拡大します。
経済指標の中でも、最も重要であり世界経済にインパクトを与えるのが、超大国アメリカとなります。他の国々の経済指標は、さほど意味がないと言っても問題がないほど、アメリカの経済指標が重要視されます。
中でも、アメリカの金利を決定する「FOMC 政策金利発表」は、世界経済の今後を決めるものと断言できる重要なものです。他の経済指標は気にしなくても、これだけは覚えておくべきです。

■主な経済指標一覧
・政策金利
・雇用統計
・GDP
・小売売上高
・各種景況感指数
・物価上昇率  

これら以外にも多数あり、それを欧米各国や日本・中国など主要国が、ほぼ毎日の様に発表しています。これらの経済指標は、何も行き成り発表される訳ではなく、前もってスケジュールが決まっているので、その通りに進んでいきます。
ですから、○月□日何時からどの指標が発表されるか、事前に把握できます。それどころか、今回の値動き予想なども既に立てられているので、実際の所は予想通りの範囲内で収まる場合が多く、サプライズがあまりないのが実情です。

経済指標の由来

経済指標の由来、語源などは分かりませんが、戦前は軍艦や戦闘機などの保有台数が経済指標として大事な役目を担っていました。これにより、各国の軍事力の目安となるからです。戦後は、国内総生産「GDP」や国民総生産「GNP」、政策金利へと変化していきました。

経済指標の文章・例文

例文1.アメリカの経済指標が最も大事だ
例文2.日本の経済指標が世界経済に与える影響は小さい
例文3.経済指標は平日は毎日のように発表される
例文4.経済指標発表で株価や為替相場が乱高下する
例文5.投資家にとって経済指標は儲けのチャンス
以上のような使い方が経済指標の一般的なものです。より正確には、経済指標と使うよりも、その中の政策金利や雇用統計など個別の指標名を使われる事が多いです。

経済指標の類義語

経済指標の類義語には、「主要経済指標」「国際指標」「指針」「環境指標」などの言葉が挙げられます。

経済指標まとめ

本来は重要な意味を持つそれぞれの経済指標なのですが、実際は多少悪い結果になっても、それで景気減速と判断できなくなっています。それには、結局はアメリカの経済指標次第という現状や、アメリカ以外はマーケットが小さいという理由があるからです。
経済指標で発表される様々な指標にまで注目する必要はないですが、アメリカの政策金利会合は年8回開催され、そこで利上げや利下げ、現状維持が話し合われます。これだけでも押さえておくと、経済指標が理解できた事になります。

この記事を読んでいる人に人気の記事