経営破綻して倒産した店

経営破綻(けいえいはたん)

経営者にとって、この言葉はあまり聞きたくない言葉でしょう。会社にとって、危機的状況を表すこの言葉ですが、会社ごと消滅してしまうわけではありません。しかし、その消滅の一段階前の経営状態を指し、この言葉が使われます。
それでは、この経営破綻について詳しく見てみましょう。

[adstext]
[ads]

経営破綻の意味とは

経営破綻の意味とは、「経営が立ち行かなくなってしまった状態」のことを指します。具体例としては、事業収益よりも支出のほうが多くなるといった理由から経営がうまく立ち行かなくなることなどがあげられます。

経営破綻の由来

経営とは事業を営むことを指し、破綻とは立ち行かなくなってしまうことを指します。このことから「経営破綻」という言葉ができました。

経営破綻の文章・例文

例文1.経営破綻によって、会社が倒産寸前になっている。
例文2.私はもう会社の借金で首が回らなくなってしまっており、実質経営破綻している。
例文3.経営破綻している会社にいても、先の未来が見えているので転職した。
例文4.今までの水増し経理がばれてしまって、経営破綻した。
例文5.経営者にとって、経営破綻という言葉は禁句だ
経営破綻してしまった会社にいても、もうその先は会社の消滅しかありません。早めの転職をお勧めします。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

経営破綻の会話例

  • 質問者アイコン

    ニュース見た?君が株を買ってた会社のニュースだったけど大丈夫?

  • 回答者アイコン

    大丈夫じゃないわよ…会社が経営破綻してたなんて聞いてないわ…

  • 質問者アイコン

    僕の言ったとおりだったろ?あの会社の経営周りが怪しいって。それを聞かなかった君が悪いよ。

  • 回答者アイコン

    そんなこと言ってたけど…昔からの大企業だったから、大丈夫だと思ったのよ…

現代社会において、通販サイトの台頭や人件費の切迫などによって経営が立ち行かなくなることもたくさんあります。

経営破綻の類義語

経営破綻の類義語として、「倒産」があげられます。この倒産の意味は、「資産や財産を使い果たして経営が破綻すること」とされています。しかし、世間一般での倒産というと「会社がつぶれた、消滅した」というイメージが定着してしまいました。
このことからも、特に企業の経営が立ち行かなくなったことを「経営破綻」、会社がなくなることを「倒産」というようになりました。

経営破綻まとめ

経済ニュースなどでよく聞く経営破綻ですが、この経営破綻の情報を聞きつけて会社の買収などをおこなっているケースもみられます。経営が破綻した状態からの脱却はなかなかむずかしいですが、脱却できた企業はどんどん業績を伸ばしているといった話もあります。
「ピンチはチャンス」という言葉もあるので、経営破綻に陥ったからといってすべての企業が倒産にまで及ぶかは別問題だといえます。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事