精査する2人

精査(せいさ)

「精査します」という言葉を聞くと誰しもが(あんなことしちゃったけど大丈夫かな…?)とか思ってしまいます。しかし、その中でも本当に不正などをしてしまったときには、それを正してくれるのが精査です。別の一言で表現をするとすれば「細かく調べる」と似たような意味を持つ言葉です。よく、ビジネスのシーンで使われるこの精査。今回はそんな「精査」という言葉について、細かく説明していきたいと思います。

精査の意味とは

精密とは、接続する表現を用いて書き表すと「精査する」「いただいた資料を精査」といった形で用いる、「詳細に調査する」「精密検査」といった意味を持つ言葉となっています。
どちらかというと、細かい情報調査が要求されるようなビジネスの場でよく用いられる言葉ですね。

精査の由来

精査という言葉は、一説では「精」という文字と「査」という二つの文字によって成り立っている言葉である訳ですが、この精という方は「米」と澄み切った、清める、「要らないものを排除する」といった意味を持つ「青」という文字の組み合わせ。「査」は調べるという意味を持つ漢字であり、元となっているとされる木が棘で溢れているそうなので、「よく見て扱う」という意味に転じ、この二つが合わさることによって、「詳しく調べる」という意味になったとされています。

精査の文章・例文

例文1.今週の金曜日までにこの書類全部を精査する。
例文2.上司からいただいた資料を精査する。
例文3.精査した。ミスが見つかってしまった。
例文4.期限までの締め切りに追われている時こそ、精査することを欠かしてはいけない。
例文5.彼はよく精査する人だが、やりすぎてよく期限ギリギリになる。

精査するにしてもほどほどが大事ですね。

精査の会話例

  • 質問者アイコン

    佐藤さん、この資料の精査お願いいたします。

  • 回答者アイコン

    あれこの資料の精査、1週間ほど前に鈴木さんがやりましたよ?

  • 質問者アイコン

    え?でも上長が見落としがあったから見直せとおっしゃっているのですが。

  • 回答者アイコン

    あーこれは鈴木さん後で怖いやつだ。

精査したにも関わらずミスが見つかったらそれは精査したとは言えないかもしれませんね。

精査の類義語

精査の類義語としては、「査定(さてい)」「検査(けんさ)」などの言葉があります。

精査まとめ

精査というものは仕事の場だけでなく、どんな場面においてもミスを防ぎたいという点においてはすごく重要なものですよね。
ただ、確認するにも人には常に期限というものが付き纏うもの。精査するにしても精査し切れないような量の精査をしなければいけない場面も生きていれば一度や二度では済まないかもしれません。
今なお発展し続けているAIや自動化技術がさらに身近なものになる未来に期待をしたいものですよね。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事