祝賀御列の儀が近日行われる

祝賀御列の儀(しゅくがおんれいのぎ)

祝賀御列の儀とは、天皇即位に関する儀式の1つです。読み方は「しゅくがおんれつのぎ」です。天皇即位の時にしか行われない国事行為であり、行われるのは極めて珍しい儀式です。この記事では、祝賀御列の儀について意味や由来をまとめていきます。

祝賀御列の儀の意味とは

祝賀御列の儀は「即位の礼」の内の1つです。
即位の礼は1つの儀式を指すのではなく、一連の儀式を総称して「即位の礼」と呼びます。「剣璽等承継の儀」「即位後朝見の儀」「即位礼正殿の儀」という3つの儀式の後に祝賀御列の儀があり、そのあとには「饗宴の儀」が続きます。

祝賀御列の儀の意味を解説します。新天皇が即位礼正殿の儀を終えられた後、広く国民にご即位を披露され、祝福を受けられる儀式です。
祝賀御列の儀というと意味が分かりにくいですが、簡単に言えば、新天皇ご即位の祝賀パレードだということができます。
新元号である令和においてもそのルートや車が発表されており、当日は当然混雑が予想されるでしょう。

祝賀御列の儀の由来

祝賀御列の儀の由来ですが、当然即位の礼とセットです。
日本においては平安時代まで践祚(せんそ)=「天子の位につくこと」と即位=「位についたことを明らかにすること」が一緒でしたが、平安時代以降践祚と即位は区別されました。
即位の儀式について最初に言及されているのは、持統天皇即位が記された「日本書紀」だと言われています。

祝賀御列の儀の文章・例文

例文1.祝賀御列の儀では、天皇はオープンカーに改造された超高級車に乗られるそうだ
例文2.祝賀御列の儀がある日は、おそらく大混雑するだろう
例文3.ルートがいくつかあるが、今度の祝賀御列の儀ではどのルートを通るのだろうか?
例文4.祝賀御列の儀はぜひとも一目見たいものだ
例文5.式典委員会は、祝賀御列の儀の日が晴れるように今から必死に祈っているだろう
ご即位後の初披露なわけですから、当然多くの人が注目するでしょう。
と同時に、新天皇を見ることができるビッグイベントなので、最高レベルの警戒が成されることも必至。見に行きたくても、道路が混雑して警備も厳重なところで果たして見に行けるか?は難しいところです。

祝賀御列の儀の会話例

  • 質問者アイコン

    まさか生きている間に新天皇の即位が祝えるなんて、思いもしませんでしたね。平成天皇の祝賀御列の儀は、子供の頃にテレビで見たのをまだうっすら覚えていますよ。

  • 回答者アイコン

    そうなんですか。私は平成生まれなので、どんなものなのかまったく想像もできません。やっぱり華やかなんですか?

  • 質問者アイコン

    そうでしょうね。それに、車もすごく高級車みたいですよ。30分くらいパレードするんじゃないかな。

  • 回答者アイコン

    せっかくだから、見てみたいなあ。

平成天皇の祝賀御列の儀では4千万という値段のオープンカーを使用したそうです。今回の令和天皇のパレードがどんなものになるのか、今から楽しみですね。

祝賀御列の儀の類義語

祝賀御列の儀の類義語はありませんが、関連語としては「即位の礼」「即位礼正殿の儀」などがあげられます。特に今年はこういった行事が多くありますので、覚えておくといいかもしれません。

祝賀御列の儀まとめ

ここまで、祝賀御列の儀について見てきました。即位と祝賀御列の儀は、実は別の日に行われます。
令和天皇の即位の日は5月1日、祝賀御列の儀は10月22日に行われます。秋ごろに行われる祝賀パレードに向けて、現状着々と準備が進んでいることでしょう。

「祝賀御列について」
宮内庁のホームページにも記載があるので、他の行事と合わせて確認してみて下さい。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事