確定申告

確定申告(かくていしんこく)

「確定申告」と聞くと「難しそう」、「複雑そう」といったようにマイナスなイメージが湧きませんか?個人事業を営んでいる方やフリーランスの方は、1年に1度必ず行わないといけないものです。今回はそんな「確定申告」について意味や由来などを解説していきます。

[adstext]
[ads]

確定申告の意味とは

「確定申告」とは毎年1月1日〜12月31日までの1年間の所得の金額を計算し、それに基づいた所得税を算出することを言います。簡単に言うと、税務署に対して、「1年間でこれだけの所得があったので、算出された所得税を払います」と申し出ることを「確定申告」と言っております。

確定申告の由来

「確定申告」の由来は税金制度が始まったからです。その税金制度のしくみは、はるか昔までさかのぼりますが、現在の税金のしくみがつくられ始めたのが、大正・昭和時代になります。憲法では国民が税金を払う義務があると定められているため、適切な税金を納めなければなりません。それを可能にするのが「確定申告」という訳です。

確定申告の文章・例文

例文1.税務署は3月15日まで確定申告を受け付けているので、まだ全然間に合うから安心してね。
例文2.確定申告は税務署に行かなくてもパソコンでできるようになったそうだよ。
例文3.副業で20万円以上稼いでいるので、今年は確定申告をしなければならない。
例文4.今年も確定申告の時期がやってきました。
例文5.確定申告の手続きが難しくて、半日かかってしまいました。
上記が「確定申告」を使用した例文になります。誰もが一度は口にしているのではないでしょうか?

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

確定申告の会話例

  • 質問者アイコン

    そろそろ確定申告に行ってこないとな。平日休みが取れずに、なかなか行くことができないんだよね。

  • 回答者アイコン

    私も先週行って来たけど、税務署の入り口まで行列ができてたよ。

  • 質問者アイコン

    ホントに?じゃあ1日予定空けないといけないな。

  • 回答者アイコン

    今もまだ、混んでるかもしれないね。休み取って早く行って来たほうがいいよ。

「確定申告」で税務署に行くと、とても混んでいて時間がかかりますよね。今ではe-taxでパソコンから「確定申告」ができるのでパソコン・スマホをお持ちの方は、ぜひ使ってみてください。

確定申告の類義語

「確定申告」の類義語は「節税」、「年末調整」、「所得控除」などがあげられます。

確定申告まとめ

何となく「確定申告」についてご理解頂けたでしょうか?すごく難しいイメージがありますが、税金の事を勉強していくと、とても面白いですし、さらに「確定申告」について深く理解できるようになります。税金には節税対策として、さまざまな方法があり、知っているか、知らないかで大きく変わってきます。興味のある方は一度調べてみるのもいいでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事