石油メジャー

工業用の製品を作っている企業、日本のクルマメーカーにとって切っても切れない関係が石油業界です。総合エネルギー分野のビジネスマンがよく耳にするのが「石油メジャー」というビジネス用語。石油メジャーとは一体どのような意味があるのでしょうか。正しい例文や使い方についても、一緒にレッスンしていきましょう。

石油メジャーの意味とは

原油の採掘や配送などをトータルでおこなっている大企業を総称して、石油メジャーと呼んでいます。ダイヤモンドに次ぐ大資産と揶揄される石油ですが、それを扱う企業スケールもかなりの規模となっています。石油メジャーは数社あり、その力関係から合併や統合を繰り返しているユニークな歴史をもつ企業体です。

石油メジャーの由来

石油メジャーが世に知れ渡る一因となったのが、イギリスの経済学者アンソニー氏の著書によるものです。本の中では世界大戦のあと莫大な資産をおさめた大手7社のことを、セブンシスターズと呼んでいます。
その後世界経済に大きな影響を与える石油メジャーの存在に関心が集まり「スーパーメジャー」や「新セブンシスターズ」などのキャッチコピーも付けられるようになりました。現在はどちらにも属さない民間・国営企業も進出して、三つ巴の状態になっています。

石油メジャーの文章・例文

例文1.石油メジャーの動向が、アメリカのマーケットにも大きな力を与えています
例文2.石油メジャー同士の対立により、ガソリンの価格が上がっています
例文3.石油メジャーの具体的な企業名を挙げてみてください
例文4.国際機関が目を光らせているのが、石油メジャーの業績です
例文5.石油メジャーとOPECの関係について、レポートを書きました
原油の生産や輸送において石油界で大きな発言力をもっているのが、名だたる石油メジャーたちです。

石油メジャーの類義語

石油メジャーの類義語として「ガソリンメジャー」「国際石油資本」「石油系のビッグ企業」などがあります。どの言葉も石油メジャーと同様の意味をもち、世界の原油経済において莫大な発言力のある企業として認知されています。

石油メジャーまとめ

地球の天然資源の中でも、ビッグマネーを生み出しやすいのが原油です。第二次世界大戦が終わったころから徐々に勢力を拡大していったのが、世界各国の石油メジャーです。石油メジャーの中には、セブンシスターズやスーパーメジャーなどがあります。

現在は石油の原油価格の基準を決めるOPECが、石油メジャーの暴走をとめる一定の役割を果たしています。莫大な資金を生み出す各国の石油メジャーが、今後どのような再編をしていくのか世界の関心が集まっています。

この記事を読んでいる人に人気の記事