相対音感の人の感覚

相対音感(そうたいおんかん)

「相対音感」という言葉を知っていますか?
これは音楽的な能力の1つで誰もが持っていると言われています。しかし、正直なところどんな能力なのかピンと来ない方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は「相対音感」についてご紹介します。

[adstext]
[ads]

相対音感の意味とは

「相対音感」とは、基準となる音を聞いて、ある音を聞いたときに相対的な音程により、音の高さを判断する能力のことを指します。

相対音感の由来

「相対音感」は、正確さに個人差はありますが、ほぼすべての人が持っている能力だと言われています。
絶対音感との違いは、基準となる音を聞かないと音名を答えられないことが多いことや、「ドレミファソラシド」を音階で考えているため、ヘ長調の音名「ド」にあたる音階は「ファ」ですが、「ド」を音階だと考えることで変調しても違和感なく歌うことができるなどと言われています。

相対音感の文章・例文

例文1.相対音感は「移動ド」で歌うことが得意だ。
例文2.相対音感が鈍い。
例文3.相対音感を鍛える。
例文4.相対音感は訓練次第で誰でも身に着けることが出来る。
例文5.相対音感が重視される演奏やセッションもある。
ピッチなどを気にしない分、融通が利きやすいのが相対音感のメリットではないでしょうか。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

相対音感の会話例

  • 質問者アイコン

    絶対音感って羨ましいけど、ゴスペルは相対音感を持つ人の方が向いているらしいよ。

  • 回答者アイコン

    へーなんで?

  • 質問者アイコン

    絶対音感を持っていると、周りと音程を合わせられないから浮いてしまったりするんだって。

  • 回答者アイコン

    へえ、それぞれメリット・デメリットがあるのね。

どちらが良いとか優れていると比べることはできません。

相対音感の類義語

「相対音感」と関連する言葉には「絶対音感」「移動ド」「ソルフェージュ」などがあります。

相対音感まとめ

今回は「相対音感」について詳しくご紹介しました。
相対音感は、音楽を楽しむためには必要不可欠な要素であって、個人差はあれど誰しもが持っている能力です。
また、絶対音感とは別物であって、どちらが優れているなどの優劣をつけることはできません。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事