家庭の中で疎外感を感じている男の子

疎外感(そがいかん)

疎外感とは、仲間外れにされているように感じることです。周囲の人は楽しそうに話しているのに自分だけその和に入ることができないと疎外感に苛まれることがあります。そんな疎外感について今回は、意味や由来、使い方、類義語を合わせてみていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

疎外感の意味とは

疎外感の意味とは、仲間外れにされているように感じることです。主に自分に対して使われる言葉です。疎外感を抱くことは周囲と打ち解けられていない場合に起こることが多いです。そのため、人間関係においてなにかしら問題があることも同時に意味するので覚えておいておくといいと思います。

疎外感の由来

疎外感の「疎外」はよそよそしくて、近づけない様子を表しており、「感」は物事に触れて心が動く様子を表します。これらの言葉を組み合わせて疎外感という言葉が成り立っています。

疎外感の文章・例文

例文1.転校生として入学したため、あまり馴染めずに疎外感を感じる。
例文2.転職したばかりで、なかなか上手くコミュニケーションが取れずに疎外感を抱く。
例文3.疎外感から自ら話しかけて交友関係を築く。
例文4.疎外感を感じると彼女はすぐに彼氏に頼ってしまう。
例文5.部活で上手く打ち解けられずに疎外感から退部してしまった。
これらから疎外感という言葉は、仲間外れにされているように感じるさまを表すのには最適です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

疎外感の会話例

  • 質問者アイコン

    みんなは中学からの知り合いだけど僕は高校から入学したから凄い疎外感を感じるんだ。

  • 回答者アイコン

    そうなのかい。でもまだ入学して間もないんだからすぐに仲良くなれるよ。

  • 質問者アイコン

    そうだね。みんないい人そうだし、担任の先生も人柄が良さそうで何よりだったよ。

  • 回答者アイコン

    それは良かったじゃないか。お互い新しい環境で頑張ろう。

これは、別々の高校に入学して間もない二人が話している様子です。

疎外感の類義語

疎外感の類義語には、「単独者」「ぼっち」「漂流感」などがあります。

疎外感まとめ

周囲との関係をうまく築けていなかったり、疎まれていると思ったりしている人は疎外感を抱いている場合が多いです。特に職場でそのような状況に陥ってしまうと仕事にまで支障をきたしてしまう人もいます。疎外感を感じないためにもよい関係を築いていけるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事