生産緑地

生産緑地(せいさんりょくち)

「生産緑地」とは”2022年問題”と関連させ、最近何かと話題になっている言葉です。しかし、見聞きしても当事者でもない限り、あまりピンと来ないのも事実ではないでしょうか? そこで、将来的な
土地価格だけでなく不景気や地価暴落に結びつく可能性もあり、無関心ではいられなくなるので、詳しい解説を始めさせて頂きます。

生産緑地の意味とは

「生産緑地」の意味は以下の通りとなります。
 (1)1974年に東京や大阪、愛知県など主に三大都市圏の緑地を守る目的で「生産緑地法」が制定され、その対象となる農地や緑地を「生産緑地」と呼ぶ。
 (2)生産緑地法による土地制度で、最低30年間は「生産緑地」として維持する代わりに大幅な税制優遇を受けられる。
 (3)農業継続を条件に、固定資産税の優遇などのメリットを受けられた農地や緑地。
上記の説明だけでは「生産緑地」の本質的な問題に触れていません。なぜ、「生産緑地」が近年クローズアップされ、それが”2022年問題”と深刻化されるのかの解説になります。1970年代に突入した日本は、戦後からの脱却と景気良さも影響し、特に都心部では地価が急上昇をしていきました。そこに都市化も相まって、急速に都市部の緑地や農地が失われ、それを防ぐ目的で「生産緑地」を増やす、絶やさない為に「生産緑地法」が制定されたのです。特に三大都市圏である首都圏や関西、中京地区の緑地を守るのが趣旨なので、30年間の税制優遇などは土地所有者など関係する多くの人々が恩恵を受けていました。しかし、時は流れ、この優遇措置の期限が切れるのが2022年からです。巷では、都心部の「生産緑地」が売却可能となる事から、2022年から土地価格が急落すると実しやかに囁かれています。これが所謂、三大都市部を中心にした地下暴落、そして全国にも波及するのではと言われる土地価格崩壊の「2022年問題」です。一説では、都心部だけ地価が下落、或いは影響ない、地方は大丈夫など意見が分かれますが、地方は近年でも地価下落に歯止めが利かず、都市部の安定した地価が不動産価格を守っていた面もあるので、これが都市部まで下げる様なら、地方は一段と下落すると見るのがセオリーです。

生産緑地の由来

国土交通省による都市計画の一環として、全国各地には緑化地域・流通業務地区・生産緑地地区などいくつもの地区や地域が点在しています。「生産緑地」については、三大都市ばかりが有名であり、今回も2022年問題として不安視されていますが、実際には和歌山・宮崎・茨城・長野・埼玉などにも生産緑地はあります。言葉としての「生産緑地」の由来などは不明ですが、緑地を生産するという目的そのものが由来ではないかと、推測できます。

生産緑地の文章・例文

例文1.生産緑地が2022年に売り出される可能性は極めて高い。
例文2.生産緑地による地価暴落、東京五輪後の不景気など暗い話題が最近何かと多い。
例文3.2022年問題と生産緑地が、今後の日本の景気を左右しそうだ。
例文4.生産緑地法での減税措置が解除されるので、今後は税金を支払えない地主も増えそうだ。
例文5.賢い人は生産緑地法の期限を見越して、既に土地を売却してしまったようだ。

「生産緑地」を使った例文というより、解説になっています。

生産緑地の会話例

  • 質問者アイコン

    昔から、都心部で農地をやっている人に対し疑問があったんだけど、やっと謎が解けたよ。

  • 回答者アイコン

    最近話題になっている、生産緑地と2022年問題だね。

  • 質問者アイコン

    僕が知っている事は、殆ど既に知っているよね。

  • 回答者アイコン

    でも、本当に都市部の土地価格が暴落したら、大変だよ。バブル崩壊、リーマンショック級の衝撃かも。でも、大手不動産やマンション会社などはいまから、寝られないぐらい気に病んでいるのではないかな?

「生産緑地」と2022年問題が経済に与える衝撃を真剣に会話しています。

生産緑地の類義語

「生産緑地」の類義語には、「流通業務地区」「緑化地域」などの言葉が挙げられます。

生産緑地まとめ

1970年代に都心部の農地や緑地を守る目的で制定された法律が「生産緑地法」で、その土地を「生産緑地」と呼びます。税制優遇されたが、条件の一つに30年間は宅地造成ができないとされ、それが2022年に解除されるので、土地売却が可能になります。しかし、都心部などを中心に一斉に売却されたら土地価格が暴落すると不安視され、これが「2022年問題」となります。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事