獅子奮迅のごとく戦っている獅子

獅子奮迅(ししふんじん)

獅子奮迅と聞いてなにを思い浮かべますか?獅子が果敢にほかの動物に対して激しく戦っているイメージとかだと思います。ビジネスや政治でもよくつかわれる獅子奮迅という言葉。この言葉の意味について正しく理解するために、一度ここで意味をみてみましょう。

獅子奮迅の意味

獅子奮迅の意味とは、激しい勢いで物事に取り組むさまのことを言います。特に、この上なく激しい勢いで活動しているということをアピールするためにこの言葉を使います。

獅子奮迅の由来

言葉の由来を見てみましょう。百獣の王である「獅子」が威勢よく奮い立って暴れまわるような様子を指しています。このことからも、ものごとに対して誰にも止められないほどの勢いで体当たりする様子や激しく戦うことをたとえた言葉となりました。

獅子奮迅の文章・例文

例文1.獅子奮迅の勢いで、この選挙に打ち勝っていきたい。
例文2.試合開始早々、獅子奮迅の勢いで相手に攻め入る。
例文3.獅子奮迅よりも大器晩成のような仕事の取り組み方をしたい。
例文4.獅子奮迅のごとく健闘している彼に声援を送った。
例文5.このまま獅子奮迅のごとく試合が完結したら良かったのに。
獅子奮迅は、とても勢いのあるさまを表しているからこそ、ここぞというときに使いたい言葉ですね。

獅子奮迅の会話例

  • 質問者アイコン

    負けてしまった…ライバルと決勝で会おうって約束したのに…

  • 回答者アイコン

    でも、試合は良かったわよ。獅子奮迅の勢いで最後おしていたじゃない。

  • 質問者アイコン

    でも、負けたら意味がないんだ!もうほっといてくれ

  • 回答者アイコン

    いつまでもくよくよしないの。ほら他の子の試合が始まるわよ。応援しないと。

ある競技の試合で負けてしまった人との会話でした。このようにして、獅子奮迅の戦いを行うことが大切なんだと思います。

獅子奮迅の類義語

獅子奮迅の類義語は、同じ四字熟語として「疾風怒濤(しっぷうどとう)」「勇往邁進(ゆうおうまいしん)」「猪突猛進(ちょとつもうしん)」などがあげられます。

獅子奮迅まとめ

いかがでしたでしょう。このように獅子奮迅という言葉を使われるような健闘を行いたいものです。仕事ではあまりこの言葉を使うよりは、もっと別の四字熟語のほうが良いなと思ってしまいます。みなさんはどうでしょうか。この四字熟語を座右の銘にして、自己紹介などでアピールするなどしても良いかもしれません。使いようによってはプラスのイメージに働きかけることができると思います。
このように四字熟語にはに見習うべきポイントがたくさんあるので、みなさんも見習ってみてはいかがでしょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事