獅子の子落とし(ししのこおとし)

獅子の子落としとは、自分の子供を崖から落として無事戻ってこれるのか実力を測ることです。スパルタ教育という言葉があるようにあえて厳しく教育を行うことによって子を鍛えるのです。これは獅子の子落としも同じといえます。あえて厳しく環境に身を置かせることにことによって成長を促すのです。今回はそんな獅子の子落としという言葉の使い方について見ていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

獅子の子落としの意味とは

獅子の子落としとは、自分の子供を崖から落として無事戻ってこれるのか実力を測ることです。この言葉は会話の中で、例えとして使われることがほとんどです。主に自分の子供の技量を試す時や過酷な経験をさせる際に用いられます。

獅子の子落としの由来

獅子の子落としは、獅子は子を深い谷に落とし、登ってくることのできた強い子だけを育てるという言い伝えがあったことに由来していると言われています。

獅子の子落としの文章・例文

例文1.獅子の子落としというように、世間でこれから苦労しないためにも今のうちから色んなことに挑戦させてあげるのがあの子のためだよ。
例文2.そんな甘やかしていたら彼はいつまでたっても上達しないよ。獅子の子落としというように実際に辛くても経験させてあげる必要がある。
例文3.獅子の子落としにならないように計画的に教育をしていく。
例文4.子にとって獅子の子落としは、精神的苦痛にもなるかもしれないし、身体的にも負担がかかるのでおすすめはしない。
例文5.彼の家庭は、獅子の子落としという考え方に基づいていたのでわんぱくに育った。
これらから獅子の子落としという言葉は、子などにあえて辛い経験をさせることを表現するのに使うことができます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

獅子の子落としの会話例

  • 質問者アイコン

    あの山を越えて帰ってこれたやつだけをチームに入れるなんてあんまりじゃないですか。獅子の子落としとはよく言ったものですね。

  • 回答者アイコン

    当たり前だ。そんなこともできないやつが今後の練習について来れるわけ無いだろう。器量を測っておくのも監督としての責務だ。

  • 質問者アイコン

    一応、万が一に備えて中継ポイントごとにコーチがいるので何かあっても対応できますが、来年からは選抜方法を改めてくださいね。

  • 回答者アイコン

    まあ、そうだな。他の方法を考えておくよ。

これは、選抜試験について話している様子です。

獅子の子落としの類義語

獅子の子落としの類義語には、「可愛い子には旅をさせよ」「断腸の思いで」「泣いて馬謖を斬る」などがあります。

獅子の子落としまとめ

獅子の子落としというように実力を測り、基準を満たすものだけが選ばれるといったことは今日も目にすることがあると思います。あえて過酷な環境に見を置かせることによって器量を測り、基準を満たしたものに教育を施すということもあります。そんなときには、この獅子の子落としという言葉が使えるので覚えておくといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事