猛者(もさ)

「猛者」とは勇敢であり、気迫・気力が充実した心身共に強い人を指す言葉であり、ある分野において優れた能力や技術がある人の事も指します。今回は「猛者」について、意味や由来、例文もわかりやすく解説をしていきます。

[adstext]
[ads]

猛者の意味とは

猛者の意味は勇敢であり、勇猛であり気迫・気力が充実した人を指す言葉です。漢字では「もうじゃ」とも読めますが、現代では正しくは「もさ」と読みます。熟字訓である為に非常に読みにくいですが、大人のマナーとしては覚えておくべき知識です。

猛者の由来

猛者という言葉が広く普及し始めたのは、平安時代後期であると言われています。当時は勇敢である人、勇猛果敢である人。知識や人徳の高い人を指して使われていた言葉であり、男性を称えるための言葉として使われていました。語源としては現在の言葉に通ずるところがあるでしょう。

猛者の文章・例文

例文1.彼は交渉の猛者として知られており、尊敬されている。
例文2.この業界では猛者である彼は有名人であり、多くの伝説を残している。
例文3.猛者という言葉は平安時代後期から使われている。
例文4.どんな人も最初はは猛者ではなく、成長したことにより猛者と呼ばれるようになる。
例文5.ビジネス界の猛者として彼は名高いが、同時に敵も多いのだ。
猛者は勇敢や仕事のできる人と言うケースでも使われる事が多い言葉と言えるでしょう。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

猛者の会話例

  • 質問者アイコン

    今度Aさんと仕事をすることになったんだけど、どんな人か知っている?

  • 回答者アイコン

    彼は私たちの業界では有名な交渉の猛者ですよ!

  • 質問者アイコン

    金額交渉や商品知識もすごいって有名だよね…

  • 回答者アイコン

    れ以上にあきらめない姿勢が業界内では恐れられていますから、頑張ってください!

ビジネスの世界における有名な人を指す言葉として猛者が会話の中で使われています。

猛者の類義語

猛者の類義語としては「勇敢」「勇猛」「手練れ」「兵(つわもの)」、荒くれものの意味で「無法者」などが挙げられます。

猛者まとめ

猛者については歴史深く日本で使われてきた言葉です。大きく分けると3つの意味があります。「勇敢であること」「優れた技術・技量を持つ人」「荒々しい人」という意味です。現在では比較的前の2つの意味で使われる事が多いですが、この3つの意味をしっかりと理解した上で、この言葉を使うと良いのではないでしょうか。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事