林業サービス業(りんぎょうさーびすぎょう)

「林業サービス業」とは「林業の業種の一つで、造林や保育などで日本の国土を大部分を占める森林に貢献する業務」です。”サービス業”というと飲食店などをイメージしますが、”林業”の中でもサービス的な側面を持つ職種として山守などの仕事があります。山を守る仕事なので”サービス業”という扱いなのでしょう。それでは「林業サービス業」の解説となります。

[adstext]
[ads]

林業サービス業の意味とは

「林業サービス業」の意味は以下の通りとなります。
(1)日本標準産業分類の林業に該当する業種の一つで、請負で造林や保育や保護、伐木や苗木の育成などの林業のサービスを行う事業所の事。
(2)日本の国土を守る産業の林業は育林業・素材生産業・特用林産物生産業・林業サービス業などに分類され、林業サービス業は育林サービス業・素材生産サービス業・山林種苗生産サービス業・その他の林業サービス業がある。
”林業”は「森林を育成し保護して木材を生産する産業」、”サービス業”は「サービスを提供する業務」「労働活動」で、日本標準産業分類の林業に該当する業種の一つが「林業サービス業」です。厳密には日本標準産業分類の大分類Aが「農業・林業」で、中分類02の「林業」には「管理、補助的経済活動を行う事業所」「育林業」「素材生産業」などと同列に今回の「林業サービス業」があります。「林業サービス業」は「育林サービス業」「素材生産サービス業」「山林種苗生産サービス業」「その他の林業サービス業」となり、「林業サービス業」は請負で造林や保育や伐木や育成などをする事業所です。また、炭焼(木炭を作る)や山番(山林火災や盗難から守る番人で山守の事)などのサービス的な仕事も含まれます。

林業サービス業の由来

「林業サービス業」の由来は残念ながら不明ですが、林業の歴史として日本が森林を管理するようになったのは12世紀頃と言われています。その後は様々な時代で森林や山々は神の場所など崇められてきましたが、昭和30年代の高度経済成長期に入ると住宅建設やゴルフ場開発が激しくなり、伐採作業の機械化で増産の道を歩み始め、関連する様々な業種も誕生するようになります。

林業サービス業の文章・例文

例文1.親子揃って林業サービス業に従事しているのが我が家の誇りである。
例文2.林業サービス業は意外に給料が良く休みが多い事を世間は知らない。
例文3.日本の将来を憂い、自分が国土を守るという強い決心から林業大学を卒業し林業サービス業に就いたのは我ながらよくやったと思う。
例文4.どうしても農業や漁業ばかりに世間は関心がいきがちだが、林業や林業サービス業も大事な産業であると忘れてはならない。
例文5.将来的には林業サービス業などが大きな成長産業となる可能性を秘めている気がする。
「林業サービス業」を使った例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

林業サービス業の会話例

  • 質問者アイコン

    俺の親父はずっと林業一筋だったんだよ。

  • 回答者アイコン

    うっそー、奇遇ね。私のお父さんも林業よ。

  • 質問者アイコン

    これは何かの縁だね。ところで、林業の何をしていたの?

  • 回答者アイコン

    確か林業サービス業の…、造林や保育をする仕事のはずよ。

知人男女の父親が偶然にも二人とも林業従事者だったという内容です。

林業サービス業の類義語

「林業サービス業」の類義語には、「育林業」「育林サービス業」「素材生産サービス業」などの言葉が挙げられます。

林業サービス業まとめ

「林業サービス業」は日本標準産業分類の林業に該当する業種で、請負で造林や保育や保護などをする業務です。日本の国土は約67%が森林なので管理する林業は大変重要な役目があり、関連する「林業サービス業」も当然ながら森林を守り造るという面で必要不可欠となっています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事