文化の日に本で文化に触れる子どもたち

文化の日(ぶんかのひ)

「文化の日」の祝日はなぜあるのか、どういった由来で生まれたものなのか。毎年何気なくこの日を過ごしている人もいるのではないでしょうか。夏もそろそろ終わりを迎えるころですので、秋に備えてご紹介していきたいと思います。

文化の日の意味とは

文化の日は、国民の祝日の一つであり、日付は11月3日です。この日は国民の祝日に関する法律によると「自由と平和を愛し、文化をすすめる日」ことを目的としています。そしてこの日は世界で初めて戦争放棄を憲法で宣言した重大な日でもあります。

文化の日の由来

文化の日は、1946年(昭和21年)11月3日に日本国憲法が公布された事を記念とした日です。日本国憲法が平和と文化を重視していることから、「自由と平和を愛し文化をすすめる日」とされ、「文化の日」となりました。
この日は、「明治節」という、明治天皇の誕生を祝う日でしたが、日本国憲法の公布により文化の日として変更されました。文化の日では、各地で芸術や文化に纏わるイベントが開催されたり、文化功労賞の授賞式もこの日に行われます。

文化の日の文章・例文

例文1.文化の日は11月3日だ。
例文2.文化の日だから母と一緒に美術館に行こう。
例文3.日本国憲法が公布されたのは文化の日だ。
例文4.文化の日には、あの博物館が無料になるから友だちを誘って行こうかな。
例文5.文化の日は平和を願いが込められている。
日常会話ではあまり使われない言葉ですが、秋の季節が近づいたら文化の日に込められた願いを思い出して使ってみましょう。

文化の日の会話例

  • 質問者アイコン

    最近肌寒くなってきたし秋が近づいたね。

  • 回答者アイコン

    そうだね。
    秋の季節といえば芸術の秋ってゆうけど、でも何をしたらいいんだろう。

  • 質問者アイコン

    だとした美術館に行ってみるといいよ。文化の日は無料で行ける施設もあるみたいだし。

  • 回答者アイコン

    それは良い機会だ。是非行ってみたい。

そして事前に施設を調べておくと、気になる人との文化の日を切り口にデートの誘いにも使えます。

文化の日の類義語

体育の日」という国民の祝日もあり、スポーツにしたしみ健康な心身を培う日です。この記念日にも、健康な心身を培うという意味には国民性を感じます。

文化の日まとめ

国民の祝日にはそれぞれ定められた由来があり、国民に向けた想いがありました。祝日の意味を理解しつつ、今年の文化の日では是非無料の美術館や博物館を見つけて足を運んではいかかでしょうか。そして平和を願い有意義に過ごしましょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事